素樸與新意

走讀台灣第一代現代建築
:::

2019 / 3月

文‧蘇俐穎 圖‧林旻萱


歷史建築,越老的才越有價值?那可不一定。

除了中國傳統的宮廟、庭園,或者日治時期的官方建築、木造宿舍,大多數人並不知道,在二戰以後的台灣,還有著一批因著美援留下的歷史建物,就隱身在你我身邊。test

 


 

1951~1965年之間,每年高達1億美元的資金流入台灣,這一項結合了經濟資助、技術支援、教育目的的行動,扭轉了台灣的命運。隨著這一段短暫歲月的終結,人事多已飛灰湮滅,當人們逐漸淡忘,唯獨少數存續至今的建築,為我們揭開了回首往昔時光的一扇窗。

特點1:近在身邊,卻又難以察覺

細細數算美援時代遺留下的建築,數量還真不少。

根據2016年文化部「美援相關之建築文化資產評估計畫」的報告指出,美援時期以貸款、基金等不同形式所興建的硬體建設,總數高達五百多筆,這些建築主要包含軍事設施、工廠廠房、辦公大樓、學校建築等不同類型,型態相當多元。

以台大為例,多數人對台大的第一印象,便是椰林大道兩側的日治時期建築,不過,因著是第一學府,來自美方的經費自然相當充沛,因此在第一排建築後方所擴建的,不少便是美援時期的作品。

而美援建築不僅來自於官方,由於台美交流密切,民間也有經費透過教會系統流入台灣,好比東海大學最早便是經由「美國亞洲基督教高等教育聯合董事會」在台創校辦學。

甚至是台北的民生社區,最早便是向美方貸款,參考美國社區規劃的集合式住宅;或者延續日人的工事,由美方接續完成的西螺大橋,橋梁上至今仍有「中美合作」的鋼印;也有軼聞,公館旁的蟾蜍山,由於過去便是軍事重地,聚落的居民便曾經撿拾美援建設剩餘的物資,在此自力造屋……。

美援建築的踪跡,稱得上是俯拾皆是。

特點2:看似平凡,卻有脈絡可循

既然美援建築如此多,為什麼並沒有受大眾注意?

首先,由於不如日本的威權政府統一把持建築風格,再加上美援主要以經濟效益、功能性作考量,造成當時的建築並沒有顯著、統一性的美學表徵。

但對於台灣建築史來說,美援的意義卻相當深遠。美方帶來的豐沛資金,為當時台灣第一代的建築師提供了不少大展身手的機會,他們運用從西方學習到的建築專業,不僅深受現代主義精神的啟發,同時在營造技術與建材應用上受美方影響,如預力混凝土技術與空心磚建材。

想像一下彼時的台灣,戰爭剛結束,物資相當貧瘠,地表上除了日本人所留下來的大型官方建築一枝獨秀地存在,除此之外,便是日式的木造宿舍,或者磚造房屋與傳統的土角厝;此時,格局方整、外觀簡潔,甚至帶有幾何造型交織變化的現代建築,突然出現……。

台灣現代建築的新頁,正由此揭幕。

 

陽明山‧美軍俱樂部 (沈祖海╱1968年)

由於台北市文化局所推動的「老房子文化運動」,接下修復任務的黃巢設計工務店負責人黃建華,座右銘是:「設計是因為人而存在,不是為了思想而存在的。」因為這個正確的判斷,讓原本將近頹圮的老屋,成功重燃起復興的火把。

就座落在草山山腰上,被217戶俗稱「阿督仔厝」的美軍宿舍所簇擁的美軍俱樂部,浩浩蕩蕩地擁有約900坪的廣闊佔地,挑高的ㄇ字型紅磚建物,在過去還擁有一座深達3公尺的露天標準泳池,如今搖身一變,成為複合了餐飲、展覽、表演、黑膠典藏的多功能空間。

黃建華說,提案期間,他反覆聆聽著英文老歌,想像著在戰爭的年代,美國人在交誼空間裡唱歌、跳舞、迎接新年的場景,巧妙的是,承包案子的業主錸德科技,也是台灣最早製作黑膠唱片的公司,這個巧合,讓他將音樂的元素融入空間規劃的企劃。

這幢房子,最早由曾擔任美軍顧問團顧問工程師沈祖海所興建,因著歷經不同時期的擴建、改建,建築體融合了木、磚、鋼、RC(鋼筋混凝土)等四種類型,針對繁複的設計,建築團隊一點也不敢馬虎,特地找來老師傅運用楯接、鐵件的傳統工法,將破敗的屋頂重新修復;黃建華設計了落地的格子鋁窗,呼應著美國南方鄉村建築的風格;最特別的則屬屋頂的瓦片,生產的窯廠雖然早已收起,但在廠商的倉庫中居然還保存著數千片當時沒賣掉的陶製雙溝瓦,因著窯變的緣故,雖不如現在的產品顏色一致,反而有金橘、黃橙、石榴紅等漸層色澤相互錯落,一如歷史層層疊加的痕跡。

這幢建築先後奪得倫敦設計獎、台灣建築獎、金點設計獎等大獎,但對黃建華來說,獎項只是錦上添花,最令他得意的是,能看見老空間恢復活力,遊客接踵造訪的盛況。

 

台灣大學‧第一學生活動中心 (王大閎╱1961年)

台灣戰後第一代建築師翹楚的王大閎,除了經手國父紀念館、外交部大樓等知名的公共建築,在台大校園內也有許多遺作。王大閎的特色在於以現代主義風格融合中國傳統建築的元素,以第一學生活動中心為例,空間以九宮矩陣作為基礎,折線的屋頂、安置在入口處的透空樓梯,均是現代主義的常見手法;然而,更多的是令人備感熟稔的中式建築手法,如細長比例的紅門、仿擬傳統木門窗的格狀窗框、入口處的罩壁與戶外的迴廊……東方與西方的折衝與融合,構築出彼時建築師心目中的台灣建築表情。

 

台灣大學‧農業陳列館(洞洞館)(虞曰鎮、張肇康╱1963年)

上個世紀的中葉,美國中西部地區流行著鏤空水泥花磚的建築設計,傳統的閩南式建築向來常運用到鏤空花磚的裝飾技法,當這股風潮吹到台灣,本土建築師似乎也能心領神會,因此,鏤空花磚砌成的水泥牆,便成了美援時期建築的重點特色。

又被稱作「洞洞館」的農業陳列館,便是以水泥牆體上嵌入的琉璃瓦筒而得名,在偌大的校園裡仍相當醒目。這幢建築已被列入「有形文化資產」,並不無道理,許多細膩之處,表現出建築師既不想失去現代主義務求簡潔的精神,同時又在極有限的空間裡展現出創意發揮的最大值。好比1樓外牆的磁磚貼皮,仿擬傳統紅磚牆的修砌方式,但在底部與頂部採取豎砌;在迴廊最外側的斬石子鋪面上的分割線,則對齊了柱子的分割線;又或者室內的兩支樓梯,一支採迴旋式、一支則是常見的折梯,細節講究,處處都充滿了幾何線條變化的趣味。

 

台灣大學‧舊體育館 (楊卓成╱1962年)

素樸的舊體育館,處處可見美援時期建築的細節。

狹長猶如方盒的建築體,恰是美援時期建築的常見樣式,除了常見的水泥花磚裝飾,裝飾在牆面上,建材上,更大量使用了空心磚作為建材。淡江大學建築系兼任講師謝明達為我們解釋,空心磚相較於傳統的紅磚,容易製作許多,除了製作時程短、成品的良率高,製成7天後即可使用,28天便可達到設計所需的抗壓強度;另外,於空心磚的體積相較大塊,也容易對齊,因此施工上也較容易。彼時正是台灣大興土木的時期,紅磚一時供不應求,因此在美國人的建議之下,不少建設均採用空心磚。

 

台灣大學‧藝文中心(雅頌坊)1963年

台大校園境內另有一美援遺跡,就在管理學院與第二學生活動中心之間,這是昔日的駐台美軍空軍基地的台北通訊站(Taipei Air Station),如今我們仍可以看到被拆除的圍牆所遺留下的外緣線。

今日的台大幼稚園,在過去便是修車廠,因此不同於一般建築的規格,倉庫需要的是挑高設計;不遠處舉辦許多藝文活動的雅頌坊,正面是不規則五角形,猶如蛋糕盒一般,這個小巧的空間,昔日正是為駐台美軍所建的教堂,如今則將牧師佈道的講堂翻轉為小型表演廳,稱得上是今昔呼應。

 

交通大學‧竹銘館 (盧毓駿╱1960年)

交大在台最早復校的博愛校區,境內處處可見美援時代的遺痕。穿過入口的牌坊,首先映入眼簾的生物科技系館,即是由操刀南海學園科學館的同一位建築師──盧毓駿所設計的。這座看似簡單、素樸的白色建築,運用許多中國傳統的裝飾元素,好比入口門廊上方的欄杆,三叉戟造型的斗拱,即是源於漢代的「人字補間」;屋頂上方的圍欄,鏤空的裝飾是「華」字的局部,這是當時深受建築界喜愛的裝飾符碼,好比台灣建築學會、成功大學建築系等,都採用此字作為logo,字的造型同樣源於斗拱。另外,大門口左側仍可見到書寫著「美援」的紀念牌,更是時代的鐵證。

 

清華大學‧原科中心反應器 (張昌華╱1958年)

由於美國人致力提升台人的科學知識水平,為了因應教學需求,在校園內興建了不少科學教室,尤其目前仍坐落於清華大學的原子科學技術發展中心,連同裡頭罕見的核子反應器,這個兼顧教學與研究的場址,同樣可溯源至美援時代。這幢建築由清大土木系的校友張昌華操刀,歷經一甲子歲月,至今仍穩若磐石。除了教學場域,為了因應是時學生人數不斷成長,學生宿舍也一併興建,在原科中心鄰近的明齋,同樣由張昌華所設計。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Straightforward Yet Innovative

Taiwan's First Modernist Buildings

Lynn Su /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams

Must buildings be old to have historical significance? Not necessarily. Few people realize that in addition to Taiwan’s tradi­tional Chinese-style temples and gardens and its Japanese-era government buildings and wooden homes, our island is also home to historically inter­esting structures built after World War II with US aid.

 


 

Taiwan received roughly US$100 million per year from the United States during the period from 1951 to 1965. This financial aid, technical support, and educational assistance helped change Taiwan’s developmental tra­ject­ory. With the end of this period, the personnel involved departed and local residents began to forget their legacy. These days, only a few buildings remain to offer us a window into this portion of our past.

Hidden in plain sight

Though only a few of the many buildings constructed during this period still stand to offer us a window into the past, there are more than you might think.

According to the Ministry of Culture’s 2016 “Assessment of US-Aid-Related Architectural Cultural Assets,” more than 500 structures built during the period with some form of assistance from the US still remain. These include military facilities, fact­or­ies, office buildings, and schools.

If there are so many of these buildings, why don’t people notice them?

First, the buildings don’t have a uniform style like that imposed by the Japanese administration. They also lack any obviously American symbols, because US aid focused on functionality and cost effectiveness.

But American aid nonetheless had a profound impact on the history of Taiwanese architecture. American capital offered Taiwan’s first generation of architects numerous opportunities to showcase their skills. They took advantage of them by applying the modernist influences they had picked up while studying Western architecture, and they were also influenced by Amer­ican practices in terms of construction technologies and mater­ials, such the use of cinder blocks and prestressed concrete.

Imagine the Taiwan of those days for a moment: World War II had just ended, goods were in short supply, and the extant architecture consisted primarily of large Japanese government buildings, Japanese-style wooden homes, and mud-brick structures. And then these sharply regular, geometrically shaped modernist buildings with plain exteriors suddenly began popping up….

The period marked the start of modern architecture in Taiwan.

 

Yangmingshan: US Military Club (Haigo T.H. Shen, 1968)

Huang Chien-hwa has a motto: “Design exists for people, not for ideas.” When his company, HC Space Design, renovated the US military club on Yang­ming­shan as part of the Tai­pei City Department of Cultural Affairs’ Old House 2.0 project, the principle helped them to successfully restore the dilapidated club to its former glory.

Located partway up Yang­ming­shan and known to the 217 local households as the “a-tok-á house” (Taiwanese for “Caucasian”), the club that served the US military families who lived in the area was a high-ceilinged brick structure covering nearly 3,000 square meters and possessed of a three-meter-deep outdoor swimming pool. The renovations turned it into a multipurpose building, renamed Brick Yard 33⅓, with dining, drinking, exhibition, and performance spaces, as well as a large vinyl record collection.

Originally built by Haigo T.H. Shen, then a consultant with the US military’s advisory group, the club was expanded and refurbished at various times in a variety of materials, including wood, brick, steel and reinforced concrete. Faced with such a complicated design, the renova­tion team brought in craftsmen to teach them tradi­tional construction techniques, and help them restore the roof. Huang chose to incorporate aluminum-­framed French windows to echo the architectural style of the American South. Interestingly, Huang and his team also found a cache of unsold double-grooved tiles of the kind originally used on the roof, even though the manufacturer had long gone out of business, and used them to restore the roof. Unlike modern tiles, these old tiles vary in color from kumquat-­orange to yellow-­orange and on to pomegran­ate, their gradual progression of hues suggesting the passage of history.

 

NTU: First Student Activity Center (Wang Da-hong, 1961)

An outstanding talent among Taiwan’s first postwar generation of architects, Wang Da-hong’s forte was mixing traditionally Chinese elements into works in a modern­ist style. In the case of National Taiwan University’s First Student Activity Center, he based the space on the “nine palace” (a 3x3 grid) to which he added the modern­ist elements of a broken roof line and exposed steps approaching the entrance. Other familiar Chinese-­style elements include tall, narrow red doors, wooden window frames, a partition just inside the entrance, and a veranda around the exterior. This blending of Eastern and Western styles helped establish a vision for Taiwanese architecture in the minds of the architects of the day.

 

NTU: Agricultural Exhibition Hall (Yu Yueh-chen, Chang Chao-kang, 1963)

 

In the middle of the last century, openwork cement panels became popular in the American Midwest. The fact that traditional Southern-Fujianese-style architecture also makes use of decorative openwork provided local architects with an intuitive grasp of the American style when it arrived in Taiwan. This led to openwork panels in concrete walls becoming a distinctive feature of local architecture during the US aid period.

National Taiwan University’s Agricultural Exhibition Hall, also known as “Dongdong Guan” (“Hall of Holes”), is famous for the ceramic tubes that pierce the concrete walls of its facade, making it one of the most eye-catching buildings on the large campus. The building has been designated a tangible cultural asset with good reason. The first floor’s tile siding emulates a traditional red brick wall. The top and bottom rows of tile are laid vertically, while those in between are horizontal. The facing of the bare concrete plinth supporting the veranda is marked with thin vertical lines that align with the columns behind. The geometric details extend even to the two interior stairways, one of which makes a spiral, while the other is straight, their contrasting lines creating visual interest.

 

NTU: The Old Gym (Yang Cho-cheng, 1962)

 

Like other US-aid-period buildings, the Old Gym is box-like in its construction. The gym is largely constructed from cinder blocks, and its front features a facade of the openwork cement panels common in the period. Architect Hsieh Ming-ta, a lecturer in the Department of Architecture at Tamkang University, explains that cinder blocks have many advantages over traditional bricks. They can be produced more quickly and easily, have a lower defect rate, can be used just seven days after being produced, and reach their design strength in 28 days, enabling buildings to be erected with new blocks at a pace of one story per month. In addition, their large size makes them easy to align and therefore easier to build with. The fact that traditional bricks were in short supply during this period’s building boom gave American advisers still another reason to recommend the use of cinder blocks on many projects.

 

NTU: Center for the Arts (the Odeum), 1963

The NTU campus holds yet another relic from the American aid period. The area between the School of Management and the Second Student Activity Center once held the Taipei Air Station, a US Air Force communications center. Traces of the wall that used to encircle the compound are still visible today. 

In those days, the present-day NTU Preschool served as the station’s vehicle repair depot. The nearby Odeum is distinguished by an elongated pentagonal face that makes it look like a cake box. Once a church for military personnel, the Odeum’s former nave has been converted into a performance space that hosts a variety of cultural events. 

 

NCTU: Chu Ming Building (‬Lu Yu-chun, 1960)

The Bo’ai Campus, National Chiao Tung University’s earliest location in Taiwan, contains numerous traces of the American aid period. One of the first things visitors see on walking through the gate is the College of Biological Science and Technology’s Chu Ming Building, designed by Lu Yu-chen, the architect behind the Nan­hai Academy. This simple, white structure incorporates numerous decorative elements drawn from Chinese tradition. The include the trident shapes in the parapet above the main entrance, which suggest the interlocking brackets of traditional Chinese architecture, and have their origins in the Han Dynasty. A plaque to the left of the main entrance, reading “American Aid,” offers a visual testament to the period in which it was constructed.

 

NTHU: Nuclear Science and Technology Development Center (Chang Chang-hwa, 1958)

The US worked hard to upgrade Taiwan’s scientific and technological standards during the American aid period, and encouraged the construction of many scient­ific classrooms to facilitate science education. The Nuclear Science and Technology Development Center, an educational and research facility at National Tsing Hua University, traces its roots to this period and even has its own nuclear reactor. Designed by ­Chang Chang-­hwa, an alumnus of the Department of Civil Engineering at the old Tsing­hua University in mainland China, the nearly 60-year-old building is still as solid as a rock. ­­Chang also designed the nearby con­temporan­eous student dormitories, which were necessary to meet the housing needs of a growing student body.

シンプルながら創意に満ちた

台湾の初代モダニズム建築

文・蘇俐穎 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

歴史的建築物は古いほど価値があるのだろうか。いや、そうとは限らない。

中国伝統の宮廟建築や庭園、あるいは日本統治時代の役所の建築物や木造の官舎などは良く知られているが、これらの他に、台湾には第二次世界大戦後にアメリカによる援助を受けて建てられた歴史的建築物も少なくないのである。


19511965年の間、アメリカから台湾に毎年1億米ドルに達する資金が提供された。経済援助、技術支援、教育などの目的で投じられたこの資金は、台湾の運命を変えることとなる。時がたつにつれ、この時期のことを覚えている人は少なくなったが、今も残る建築物の中に往時をしのぶことができる。

身近にありながら気づかない

米国から援助を受けていた時期の建物は決して少なくない。2016年に政府文化部が提出した「米国援助関連の建築文化資産評価計画」によると、援助を受けていた時期に借款や基金などによって建てられた建築物は500件余りに上る。内容は軍事施設や工場、オフィスビル、学校など、形態はさまざまだ。

例えば台湾大学。ヤシの木が並ぶメインストリートの両側は日本時代に建てられたものだが、その後ろの建築物の多くはアメリカからの援助を受けたものが多い。

援助は米国の政府だけでなく、教会などの民間からも届き、東海大学はアジアキリスト教主義高等教育合同理事会によって設立された。

台北市の民生地域も、米国からの借款をもとにアメリカの住宅地を参考に区画された地域である。

これほど多いのに、あまり注目されないのは、日本統治時代のような権威的政府による統一したスタイルがなく、また経済効果や機能性が重視されたため、特に一致した美学は強調されなかったからだ。

しかし、台湾の建築史において米国からの援助は意義深い。この豊富な資金は、当時の台湾の建築家に活躍の場をもたらした。彼らはモダニズムの影響を強く受けたほか、プレストレスト‧コンクリートや中空ブロックなど、技術や建材の面でもアメリカの影響を受けた。

当時を想像してみよう。戦争が終わったばかりで物資は乏しく、日本人が残した大型建築物の他は木造の官舎や伝統のレンガ造りの家が並んでいた。そうした中、シンプルながら幾何学的造形美を持つ現代建築が出現し、台湾の建築史に新たなページが開かれたのである。

アナログレコード復興の基地

台北市文化局による古い建築物の修復計画において、リノベーションを担当した黄巣設計工務店の黄建華は「設計は人のためであって、思想のためではない」と考える。この考えから、荒廃していた古い建物に新たな生命が宿ることとなる。

草山の中腹、900坪という広大な敷地を擁する米軍倶楽部は、天井の高いコの字型のレンガ造りで、かつては屋外に公式規格のプールもあった。ここが今はレストランや展覧会場、ホール、アナログレコード‧コレクションなどを持つ多機能空間へと生まれ変わった。

黄建華は古い英語の歌を聴きながら、当時のアメリカ人が歌やダンスを楽しむ様子を想像した。今回のリノベーションを請け負ったRitek社は、実は台湾で最初にレコードを生産したメーカーであり、この偶然もあって、彼は空間企画に音楽の要素を取り入れることにした。

この建物は、米軍顧問団の技術者Haigo T.H. Shenが建てたものだが、時期を異にして増改築が行なわれたため、構造は木造、レンガ、鉄骨、鉄筋コンクリートの4種類が融合している。複雑な設計だがリノベーションチームは手を抜くことなく、ほぞ接ぎなどの伝統工法をベテラン職人に依頼し、傷んでいた屋根をふき直した。黄建華は、アメリカ南部のカントリースタイルを取り入れ、床までのアルミの格子窓を設計した。最も特徴的なのは屋根瓦だ。同じ瓦を生産するメーカーは廃業していたが、その倉庫に当時のレンガが数千枚も保管されていたのである。当時の瓦とは色が違うのだが、オレンジ色やだいだい色などのグラデーションがかえって美しく、重ねてきた歴史を象徴しているかのようだ。

現代建築に東洋のエッセンス

戦後間もない頃の著名建築家‧王大閎は、国父記念館や外交部ビルなどの公共建築を手がけ、台湾大学のキャンパスにも少なからぬ作品が残っている。その建物の特色は、西洋のモダニズムに中国伝統建築の要素を融合させた点にある。台湾大学の第一学生活動センターを見ると、空間は3×39コマの格子を基礎とし、屋根のラインや階段にモダニズムの特色を具えている。それと同時に、親しみのある中国式の建築手法も取り入れた。例えば、細長く赤いドア、伝統的な木枠の窓を模した格子窓、建物周囲の回廊などであり、東洋と西洋がうまく融合し、当時の建築家が考えた台湾建築の理想形が見て取れる。

幾何学ラインの美

前世紀の中頃、アメリカ中西部では透かし彫りのコンクリートブロックを用いた建築設計が流行した。台湾伝統の閩南式建築でも昔から透かし彫りの装飾がよく用いられてきたため、アメリカの手法が台湾に伝わると、台湾の建築家もそれを馴染みのあるものとして取り入れた。透かし彫りコンクリートブロックの壁が、この時期の建築の特色となったのである。

農業陳列館は、コンクリートの壁に空いた丸い穴に筒状の瑠璃瓦がはめ込まれていることから「洞洞館」とも呼ばれる。台湾大学の広大なキャンパスの中でも人目を引き、すでに「有形文化資産」に指定されているのもうなづける。細部からは、建築家がモダニズムのシンプルさを失わないようにしつつ、限られた空間で最大限に創意を発揮しようとしたことがうかがえる。一階外壁のタイルは台湾伝統の赤レンガを思わせ、その上下の端はタイルが縦に組まれている。回廊の外側の切石のラインは柱の分割線と一致している。屋内の二つの階段は、一つは螺旋階段、一つはかね折れ階段で、細部まで繊細なデザインが幾何学ラインの変化を楽しませてくれる。

中空ブロック建材の多用

素朴な外観の台湾大学旧体育館にも、アメリカから援助を受けていた時期の特色が見られる。

細長い箱のような外観はこの時期の建築物によく見られるものだ。壁面を飾る透かし彫りのコンクリートブロックに加え、建材として大量の中空ブロックが用いられている。淡江大学建築学科兼任講師の謝明達によると、中空ブロックは従来の赤レンガよりも製造が容易なのだという。製造にかかる時間が短く、不良率が低く、完成から7日後には使用でき、28日で設計で求められる強度に達する。また、中空ブロックは体積が比較的大きいため、整然と並べやすく、施工も容易になるのである。この当時、台湾は建設ラッシュで、レンガの供給が間に合わなかったため、アメリカの提案で、多くの建物に中空ブロックが採用されることとなったのである。

かつての米軍礼拝堂

この時期、同じく台湾大学内に建てられた建築遺跡は、管理学院と第二学生活動センターの間にある。かつて台湾に駐留していたアメリカ空軍基地の台北通信ステーション(Taipei Air Station)であり、取り壊された塀の跡が今も残っている。

現在の台湾大学幼稚園は、かつて自動車整備工場だった。そこから遠からぬところにある、文化芸術活動を行なう雅頌坊は米軍が建てた教会だった。正面から見るとケーキの箱のような不規則な五角形で、かつての祈りの場が今では小規模なホールとなっている。

漢代の建築装飾を融合

交通大学が最初に台湾での授業を再開した博愛キャンパスにも、この時期の建物が数々残っている。門をくぐって最初に目に入る生物科技学科館を手掛けたのは、南海学園科学館を設計した盧毓駿である。白くシンプルな外観のこの建物には、中国伝統のモチーフが多用されている。正門上の手すりには三叉槍の形の枡形が施され、これは漢代に「人の字の間を補う」とされたものだ。屋上の手すりの透かし彫り装飾は「華」の字の一部で、当時の建築界で非常に好まれた造形である。台湾建築学会や成功大学建築学科もこれをロゴとして採用しており、この造形も枡形から来ている。また正門左にはアメリカからの援助で建てられたことを記念して「美援」と刻まれている。

アメリカは台湾人の科学的知識のレベルを高めることに力を注ぐと同時に、教育の需要を満たすため、学校内に少なからぬ科学教室を設けた。中でも清華大学キャンパスに、教育と研究の目的を兼ねて設けられた原子科学技術発展センターには数少ない原子炉も設置されている。この建物は清華大学土木学科出身の張昌華が手掛けたもので、60年以上の歳月を経た今も、どっしりとして非常に堅固である。こうした研究‧教育施設の他に、当時、年々増え続けていた学生の需要に応えて、学生寮も建てられた。原子科学技術発展センターの近くにある明斎も張昌華の設計である。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!