風雲點將錄 悍將精彩出擊

:::

2017 / 8月

文‧劉嫈楓 圖‧莊坤儒 翻譯‧Phil Newell


田徑、籃球、跳水等22項運動,在世大運12天賽程連番上陣。包括舉重好手許淑淨、郭婞淳、陳士杰,世界排名第一的羽球天后戴資穎,以及許多首度代表台灣出戰的年輕好手,都將趁著台灣主辦世大運的難得機會,發揮主場優勢,展現苦練多時的一流戰力。

 


 

距離許淑淨上回參與世界大學運動會,已是6年前。今年二度出賽世大運,許淑淨的心情特別不同。2016年奪下里約奧運金牌後,許淑淨原將今年設定為調整年,不參與任何賽事。為了台灣主辦國際賽事的難得機會,已獲得奧運、亞運、世錦賽等一級國際賽事榮譽的她,再次為國披掛上陣。

眾家好手,為國披掛上陣

儘管是國際級賽事,許淑淨看著熟悉的場館設施,絲毫不緊張,反而輕鬆笑言像是參加國內賽事。隨著世大運舉辦的時間倒數逼近,被教練蔡溫義形容心理素質極佳的許淑淨,一如往常,按著自己的節奏,以平常心面對賽事。

「越急越會失常」,許淑淨表示過去常常為了挑戰自我紀錄而在練習、比賽期間受傷。每次受傷都必須花上好一段時間,才能重新調整狀態。隨著賽事經驗累積,許淑淨面對比賽從容,也懂得應變突發情形。

被外界視為奪金重點,許淑淨反而看得淡然。「如果心態一直想著要拿金牌,反而會拿不到,不如別看太重,一步一腳印慢慢來。」她說。

另一位舉重女將郭婞淳,則由2016年巴西里約奧運與金牌擦身而過的遺憾中,重新再起,備戰世大運。奧運賽事結束後,郭婞淳過去一年多的時間,走入校園,分享自己從小投入訓練的奮鬥故事。每回分享故事,教練林敬能總要她將里約的照片擺在投影簡報的頭一張,提醒自己。

而為了找回比賽節奏,去年林敬能也特地帶著郭婞淳前往墨西哥參加世界大學舉重錦標賽。經過調適,今年4月於土庫曼舉辦亞洲舉重錦標賽,郭婞淳以抓舉104公斤、挺舉137公斤,共計241公斤的佳績奪金,更突破里約奧運金牌選手的紀錄。

里約奧運奪金失利、2014年備戰仁川亞運,因140公斤槓鈴砸下導致右大腿受傷的重挫……,種種挫折在郭婞淳的體育生涯不時上演,但現在的郭婞淳心態成熟,更懂得調適自己。熱情陽光的她,也將延續2013年世大運3破紀錄的金牌佳績,期待留下地主金牌。

放棄參加世錦賽,選擇為台灣奮戰的羽球小天后戴資穎,也正為世大運調整最佳狀態。今年3度代表台灣參與世大運,雖名列世界第一,戴資穎不敢掉以輕心,「每場比賽的結果都並非絕對。」能否贏得比賽,取決於當下自己與對手的狀態。

現就讀台北市立大學的戴資穎,小學3年級接觸羽球以來,「球路百變、殺球凌厲」特色,被外界歸為制伏對手的必殺絕招。2016年贏得香港羽球超級賽女單冠軍後,以累計所得積分登上世界女單排名第一,成為台灣羽球史上首位「世界球后」。

翻滾吧!台灣男孩

負責擔任男子體操隊總教練的日籍教練濱田真雄評估,台灣男子體操在上屆韓國光州世大運雖未奪下任何獎牌,但此次掄牌機會極高。

現就讀台師大的唐嘉鴻,擅長為單槓、地板項目。從小有過動傾向的唐嘉鴻,在醫師的建議下,開始接觸體操運動,並拜師電影《翻滾吧!阿信》片中真實主角林育信。比起其他選手,唐嘉鴻認為自己的動作特別乾淨俐落,飛騰在空中時,感覺特別好。

十多年體操生涯,年輕的唐嘉鴻已奪下全大運、2017競技體操世界盃單項系列賽地板項目金牌等佳績。穿著短衣、短褲受訪時,右手都可見他身經百戰的痕跡,經過多次手術,依然堅持體操之路。尤其體操充滿高難度動作,飛躍、迴旋、轉體……,「這都是其他運動無法見到,也正是最喜歡體操運動的部分。」唐嘉鴻說。

首次參與世大運賽事,唐嘉鴻表示,比起過往在外征戰必須適應場地,今年首次在自己的國家參賽,希望繳出最好的表現。

武術首列世大運

包含「套路」、「散打」的武術競賽項目,今年首度列入世大運賽事,為外界高度期待。擅長太極劍的陳宥威、長拳的蔡澤民與南拳的許凱貴,以及散打男女選手鍾永晟、林庠宇、陳暐婷、林怡汝,在自家競技舞台首度登場。

現就讀國立體育大學的蔡澤民,擅長的武術為長拳項目。不到一分半的時間,只見蔡澤民拳腳俐落,虎虎生風地展現長拳招式。國高中才正式投入長拳訓練的他,隨即奪下全國前三的佳績。蔡澤民表示,長拳全由選手自行設計,拳術招式首重動靜分明。

現為台北市立大學大四學生的陳宥威,父親是傳統太極劍教練,兒時耳濡目染下,陳宥威也跟著學習太極劍。有別於傳統太極劍,競技太極劍多出許多難度動作,也穿雜跳躍、要求下肢的平衡感的招式,「快要快到極致,而緩,則要慢到比傳統太極還慢。」身為東道主選手,陳宥威一改搭配太極劍的柔美曲風,特地挑選了氣勢十足的《花木蘭》音樂搭配,「這次是由台灣主辦國際體育賽事,身為主人,一定要拿出自己的看家本領,展現氣勢。」陳宥威說。

此回參加世大運武術散打52公斤量級的陳暐婷,是國體大學生,兩年前她才半路出家,跟著學姐的腳步,從九年多的拳擊訓練轉入散打。儘管拳擊、散打同為競技項目,基礎動作相似,陳暐婷還是花了好一番時間調適。

尤其拳擊多半著重上肢動作、姿態平衡,必須靠著觀察對手肩部的細微動作,判斷出拳時機,但散打集結踢、打、摔,訓練和應戰的複雜程度更高。雖然一開始,賽事成績常不如預期,所幸,陳暐婷生性開朗,面對成敗輸贏從不以為意,只要新的比賽到來,又是一次歸零的重新開始。

凌步攻防,劍擊鬥智精彩

有著一雙大眼、可愛酒窩的擊劍選手程昕,多次代表台灣出賽。現為輔仁大學體育系大三生的她,五年多前才轉入擊劍運動。程昕原是花式溜冰選手,高中就讀台北市立育成中學體育班時,在學姊的建議下,改練擊劍鈍劍項目。

面對眾多實力堅強的對手,「劍齡」不長的程昕,一局15分對戰下來,常常只有零星一、二分進帳。與對手的巨大差距,並未減少程昕的鬥志。「對手是自己,儘管和對手間的實力相差甚遠,只要比上次多得一分、二分,就是進步。」透過身旁隊友的協助,程昕快速提升自己的攻擊實力。五年多的擊劍生涯,程昕已奪下全國大專校院運動會三連霸、亞洲U23鈍劍銅牌成績。

隨著世大運到來,程昕也希望民眾認識這項迷人的運動。程昕表示,比起舉重、跆拳道等運動,源自西方的擊劍運動,許多國人並不熟悉。擊劍可分為軍刀、銳劍、鈍劍。除了劍把外型略微不同,銳劍、鈍劍也與軍刀賽事規則略有差異,只要觸及對方即能得分,而軍刀必須透過刀刃劈打對手,才能得分。因此,攻擊非常迅速,節奏緊湊、對戰刺激。

而在步伐踩踏的一來一往,持劍與對手間的攻防鬥智,取分僅在秒瞬之間,更是程昕認為劍擊運動最迷人的所在。儘管不如西方選手實戰經驗豐富,東方人較為矮小的身形在劍擊場上也較為吃虧,程昕加強弱項之餘,每每看著對手落入自己的設計如期出招,自己進而成功取分的瞬間,總是充滿無比的成就感。

不同於程昕首度入選世大運國手,現就讀國立體育大學碩士班的徐若庭,已4度代表台灣出賽世大運。曾於2012年代表台灣出征奧運,並挺進32強的徐若庭,是台灣首位打入奧運的女劍手。

再次重返世大運劍擊戰場,徐若庭還多出了媽媽身分。一面忙於備戰、一面照顧一歲多的女兒,徐若庭坦言,訓練結束回到家,常累得無法陪女兒玩耍。家庭、訓練兩頭燒的生活,雖然疲累,但心態上更為寬容,少去了非贏不可的壓力,多出許多享受賽事的心情。

已是沙場老將的徐若庭表示,過度的緊繃反而無法發揮平常練習的實力。面對比賽壓力,徐若庭自有一套舒壓法寶,賽前徐若庭就會戴上耳機聆聽音樂,或是閉上眼,回想劍擊生涯中,暢快淋漓的對戰時刻。                                               

英文 日文

Top Taiwan Athletes Prepare for the Games

Liu Yingfeng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Scott Williams

Track, basketball, diving…. These and 19 other sports will be on show over the 12 days of the 2017 Tai­pei Universiade. Athletes including weightlifters Hsu Shu-ching­, Kuo ­Hsing-chun, and Chen Shih-chieh­, as well as badminton ace Tai Tzu-ying (currently ranked first in the world in women’s singles), plus many other young people representing Taiwan for the first time, will try to take advantage of the rare opportunity presented by Taiwan’s hosting the Universiade, bringing into play the “home-field advantage” as they display the elite skills they have honed over many years of hard training.

 


 

It is six years since Hsu Shu-ching­ last competed in the Universiade. Attending for the second time this year, Hsu’s attitude and mood are very different. After winning gold medals at the 2012 London Olympics and the 2016 Rio Olympics, Hsu originally planned on taking time out from competitions this year. But because of this rare opportunity of Taiwan’s hosting an international sporting event, Hsu—who has already brought home honors not only from the Olympics but also from other first-class international tournaments including the the Asian Games and the World Weightlifting Championships—has decided once again to appear on behalf of her country.

Ready to rock

Although this is an international competition, Hsu, looking out over the familiar equipment at the venue, is not in the least nervous, and in fact when she speaks she appears as relaxed and smiling as if this were a domestic event. As the countdown to the Universiade rapidly proceeds, Hsu—described by her coach Tsai ­Wenyi as extremely strong psychologically—acts no differently than in the past, following her own rhythm and facing the competition as if it were just another day.

Seen by others as one of the top hopefuls for a gold medal, Hsu is laid back about winning one. “If you are constantly fixated on wanting to win a gold, in fact you won’t be able to. It’s better to not take it so seriously, and just advance slowly but surely, one step at a time,” she says.

Another outstanding female weightlifter, Kuo Hsing­-chun, who won a bronze medal at Rio, is coming back prepared to do even better at the Universiade.

To get her back into the rhythm of competing, last year her coach, Lin Jing­neng, made a special point of taking Kuo to the World University Weightlifting Championships in Mexico. Following that outing, at the Asian Weightlifting Championships held in Turkmenistan this past April, Kuo lifted a total of 241 kilo­grams (104 in the snatch and 137 in the clean and jerk) to break the Olympic gold medal record.

Kuo’s sporting career has not been without its share of setbacks and disappointments—such as in 2014, when she suffered an injury to her right thigh while preparing for the Incheon Asian Games when things went amiss on a 140-kilo lift. But Kuo, for whom talk about winning and losing at competitions is just part of her daily routine, now has a more mature mindset, and knows how to cope. Enthusiastic and sunny by nature, she hopes to build upon her brilliant performance at the 2013 Universiade, when she broke three records on her way to a gold medal, and she has high hopes of winning a gold for the home team.

Badminton “empress” Tai Tzu-ying, who passed up this year’s World Badminton Championships to compete for Taiwan, is also getting into her best frame of mind for the Universiade. This year is her third time representing Taiwan at these games, and although she is ranked #1 in the world, she does not take the competition lightly. “There is nothing absolute about any competition.” Whether or not she can win depends on her own and her opponents’ condition and performance at the time of their contests.

Tai, who currently studies at the University of Tai­pei, has been known since being introduced to badminton in third grade for her killer smash shot that is her top weapon in subduing opponents. After winning the Hong Kong Open in 2016, she found herself with enough ranking points to be named the world number­-one women’s singles player, becoming the first ever “empress of the world” in Taiwan’s badminton history.

Jump! Taiwanese men’s teams

Ma­sao Ha­mada, the Japanese head coach of the Taiwan men’s gymnastics team, says that while the team did not win any medals at the last Universiade in ­Gwangju, South Korea, there is an excellent chance they will come away with medals this time.

Tang Chia-hung, who currently studies at National Taiwan Normal University, is most skilled at the high bar and floor exercises.

Tang, who has been inclined to be hyperactive since childhood, first took up gymnastics at the suggestion of a doctor, and he enrolled as a student of gymnast Lin Yu-hsin, whose real-life story inspired the film Jump Ashin! Tang believes that compared to other competitors, his movements are especially crisp and clean, and he feels especially good when flying through the air.

In his decade-plus-long career in gymnastics, Tang has already accomplished great things, including taking the title at the National Intercollegiate Athletic Games, and winning the gold medal for floor exercises at the 2017 FIG Artistic Individual Apparatus World Cup.

With his first appearance in the Universiade just coming up, Tang says that compared to competing abroad, where one has to get accustomed to the venue, this year in what will be his first international competition in his home country he hopes to deliver his finest performance.

Martial arts to make Universiade debut

Wushu, or Chinese martial arts, which includes the  major categories of taolu (routines) and sanda (free fighting), will this year be included among the competitive events in the Universiade for the first time, giving audiences something to really look forward to.

Tsai Ze­min, who currently studies at National Taiwan Sport University, is most skilled in the martial art of chang­quan (“long fist” or “long boxing”). In the space of less than a minute and a half, we see the precise movements of Tsai’s fists and feet vigorously demonstrating the forms of chang­quan. Tsai, who only started formal training in chang­quan in middle school, is one of the top three in the country at his event. He explains that chang­quan places the most importance on a clear distinction between action and inaction.

Meanwhile Chen You­wei, currently a fourth-year student at the University of Tai­pei, has a father who was a coach of traditional tai chi sword, and, surrounded by this environment as a child, he learned tai chi sword. Unlike traditional tai chi sword, Chen has added a number of high-difficulty movements to his routine, and has inserted leaps and other motions that call for great lower-limb balance. As a representative of the host country, Chen has set out to change the soft and beautiful musical style that had previously accompanied tai chi sword routines, and made a point of selecting powerful and imposing music from Hua Mu­lan for accompaniment. “This time it is Taiwan that is holding this international sporting event, so as a host, I definitely have to draw out all my capability and give a powerful performance,” says Chen.

Participating this time in the ­sanda 52-kilo weight class at the Universiade, Chen Wei­ting is a student at National Taiwan Sport University. She changed direction only two years ago, following in the footsteps of an older female classmate to shift away from her nine years of training in boxing to ­sanda training. Although boxing and ­sanda are both competitive disciplines, and the foundational movements are similar, Chen still has had to invest a great deal of time in ­adjusting.

In particular, boxing mainly focuses on upper limb movements and balanced postures, and you have to observe subtle movements of your opponent’s shoulders to decide when to strike, whereas ­sanda brings together kicking, striking, and throwdowns, so the training level and complexity of the actual fighting are higher.

Fencing: Fancy footwork and a battle of wits

Cute and dimpled, with big eyes, the fencer ­Cheng Hsin has represented Taiwan in several international events. Currently a third-year student in the Department of Physical Education at Fu Jen Catholic University, she only got involved in fencing five or so years ago. ­Cheng was originally a figure skater, but when she was in the phys ed class at Tai­pei Municipal Yu­cheng Senior High School, she followed the advice of an older schoolmate and switched over to the foil, one of the three categories of weapons used in fencing.

With her limited experience, ­Cheng Hsin encountered many superior fencers and often in a 15-minute competition would get only one or two points. But this huge gap with her competitors did not reduce her determination. “The real opponent is myself, and even though my abilities were still far removed from those of my opponents, if I could get even one or two points more than in my previous match, that was progress.” With help from her teammates, ­Cheng rapidly upgraded her own fencing skills. In her career of only five-plus years, she has already won her event in the National Intercollegiate Athletic Games three straight years and taken a bronze medal in the Asian Under-23 Fencing Championships.

With the approach of the Universiade, ­Cheng hopes that more members of the public will come to understand her event, which she finds enthralling.

The quick forward and backward footwork, attacking and defending with sword in hand in a battle of wits with her opponent, and scoring points in the blink of an eye… these are the reasons why ­Cheng finds fencing so fascinating. Asian fencers tend to lack experience compared to their Western counterparts, and also often face a height disadvantage. But each time ­Cheng sees an opponent make a move in the way that she had anticipated and she is able to gain a point, in that instant she feels filled with an incomparable sense of accomplishment.

In contrast to ­Cheng, who is making her first appearance at the Universiade, Hsu Jo-ting, who is currently in the MA program at National Taiwan Sport University, has already represented Taiwan at the Universiade four times. Hsu also represented Taiwan in the 2012 Olympics, and made it into the round of 32, making her the first ever woman fencer from Taiwan to fight her way into the Olympics. Making her return to the Universiade, Hsu this time comes with an additional identity: new mom. Busy on the one hand with preparations for the competition and on the other with a baby of just over a year old, Hsu admits that sometimes she is so exhausted when she comes back from practice that she can’t even play with her daughter. Although this life of burning the candle at both ends is very tiring, Hsu’s mindset is much more relaxed, and she has rid herself of the “must win” pressure, so she can enjoy the competition much more.      

戦いに挑む 台湾のトップ・アスリート

文・劉嫈楓 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

夏季ユニバーシアード(国際学生競技大会)台北大会では、陸上競技、バスケットボール、飛び込みなど数々の競技が12日間にわたって繰り広げられる。我が国のウエイトリフティングの名選手・許淑浄や郭婞淳、陳士杰、バドミントン女子シングルス世界ランキング一位の戴資穎、そして初出場の若手選手らが、地元開催という得難い機会を活かし、これまでの練習の成果を存分に発揮することが期待される。


前回、許淑浄がユニバーシアードに参加したのは6年も前のことだ。今回は2度目の出場であり、その気持ちは今までとは違うと言う。許淑浄は2016年にリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した後、今年は大会には出場せず、調整の年にする予定だった。しかし、台湾で国際総合スポーツ大会が開催されるという得難い機会であることから、オリンピック、アジア大会、世界選手権などで輝かしい成績を収めてきた彼女も、ユニバーシアードに出場することを決めた。

多数の有力選手が出場

国際大会ではあるが、馴染みのある会場で許淑浄は少しも緊張しておらず、国内大会に出るみたいと言って笑う。大会日程が近づく中、監督の蔡温義が「メンタルが極めて優れている」と形容する許淑浄は、普段通りのペースで目前に迫った試合の準備をしている。

「焦れば平常心を失いますから」と言う彼女は、以前は自分の記録に挑戦しようと、練習や試合で怪我をすることも多かった。負傷すれば長い時間をかけて調整しなおさなければならない。その後、試合の経験を積むうちに平常心を保てるようになり、突然の状況変化などにも対応できるようになった。

金メダルの最有力候補とされているが、許淑浄はこだわっていない。「メダルに固執すると取れないものです。こだわらず、一歩ずつ着実に進んでいくだけです」と言う。

ウエイトリフティングのもう一人の名選手・郭婞淳は、2016年のリオデジャネイロ五輪で惜しくも金メダルを逃したが、その無念を乗り越えてユニバーシアードを目指してきた。この一年は学校での講演活動にも力を注ぎ、幼い頃からの訓練の経験を語ってきた。その際に、コーチの林敬能は、悔しさを忘れないようにプロジェクターで投影する最初のページにリオ五輪の写真を入れるよう求めた。

試合の感覚を取り戻させるため、林敬能は昨年メキシコで開かれた世界大学選手権大会に郭婞淳を出場させた。その後も調整を重ね、今年の4月にはトルクメニスタンのアジア選手権大会で、スナッチ104キロ、ジャーク137キロ、合計241キロという記録で優勝し、リオ五輪金メダルの記録も破った。

郭婞淳はリオ五輪で金メダルを逃し、2014年のアジア選手権では140キロのバーベルを落として右太腿を負傷するなど、数々の不運に見舞われたが、今は精神面も成熟し、以前に増して自己調整ができるようになった。2013年ユニバーシアードの金メダルに続き、今年は開催国としての金メダル獲得を目指している。

一方、世界選手権への出場を放棄してユニバーシアードにかけるバドミントンの女王・戴資穎(タイ・ツーイン)も、目前に迫った大会に向けて調整中である。女子シングルス世界ランキング1位だが、少しも気を抜くことはない。「どの試合も結果は絶対ではありません」と言い、すべてはその時の自分と相手の状態で決まると語る。

台北市立大学に通う戴資穎は、小学3年生でバドミントンを始めて以来、変化球とスマッシュで知られてきた。2016年には香港オープン女子シングルスで優勝し、それまで積み重ねてきた成績と合わせて、バドミントン女子シングルス世界ランキング1位の座を獲得、台湾のバドミントン界では初めての快挙となった。

台湾男子、ジャンプ!

男子体操チームを率いる日本人の浜田真雄コーチによると、台湾は前回の韓国光州のユニバーシアードではメダルに手が届かなかったが、今回は取れる可能性が高いという。

台湾師範大学に学ぶ唐嘉鴻は鉄棒と床運動を得意とする。幼い頃から多動の傾向があった彼は、医師の勧めで体操を始めることとなり、映画『翻滾吧!阿信』の実在の主人公である林育信の教えを受けてきた。唐嘉鴻は、自分の演技は他の選手と比べて切れがあり、宙を飛んでいる時は最高の気分だと話す。

体操を始めて十数年、これまでに全国インターカレッジ、FIG体操ワールドカップの床運動で優勝している。短パンにシャツ姿でインタビューを受ける彼の右手にはたくさんの負傷の痕が見える。幾度も手術を受けながら、体操の道をあきらめることはなかった。特に難度の高い宙返りや旋回、ひねりなどは「他のスポーツにはないもので、だから体操が好きなんです」と言う。

今回のユニバーシアードでは、海外へ遠征して不慣れな競技場で戦う必要がなく、初めての国内での世界大会であるため、良い成績を上げたいと考えている。

ユニバーシアードで初めての武術

今回のユニバーシアードでは競技に初めて中国武術が採用されることとなり、大きな期待が寄せられている。種目は套路(一連の動作を行なう演技形式)と散打(一対一の対戦形式)に分けられる。太極剣を得意とする陳宥威、長拳の蔡沢民と南拳の許凱貴、そして散打の鍾永晟、林庠宇、陳暐婷、林怡汝らが、ホームグラウンドの競技場で戦うこととなる。

国立体育大学の蔡沢民は長拳を得意とする。1分半に満たない演技の間に、切れ味のあるキビキビとした動作で次々と長拳の技を披露していく。中学・高校から正式に長拳の練習を始めると、間もなく全国トップ3の成績を収めた。長拳の場合、演技の流れは選手が自由に設計することができ、緩急の変化が重視される。

台北市立大学4年生の陳宥威は、父親が伝統太極剣のコーチで、幼い頃から父について太極剣を練習してきた。だが、伝統太極剣とは異なり、競技では難度の高い動きが求められ、跳躍や下肢のバランスなどを強調する演技を取り入れなければならない。「スピード感が求められるところでは可能な限りスピーディに、ゆるやかなところは伝統の太極剣よりゆるやかな動作が必要です」と言う。今回のユニバーシアードのために陳宥威は、これまで演技に合わせていた優美な曲を、迫力のある『花木蘭』に変えた。「今回は台湾が開催国ですから、ホストとしても自分の持ち味である気迫を示したいと思います」

武術の「散打」52キロ級に出場する陳暐婷は国立体育大学の学生だ。2年前に先輩とともに9年間続けてきたボクシングから散打に転向した。ボクシングも散打も基本の動作は似ているが、それでも調整には長い時間がかかった。

ボクシングでは主に腕の動作とバランスの良さが重視され、相手の肩の微妙な動きを観察して打撃のタイミングを判断する。一方、散打では蹴り、パンチ、投げといった動作を組み合わせなければならず、練習も試合も非常に複雑である。始めた頃は成績は振るわなかったが、陳暐婷は明るい性格で勝敗は意に介さない。試合は一回一回がゼロからのスタートだと考えている。

フェンシング――知恵の戦い

大きな目にえくぼが愛らしいフェンシング選手の程昕は、幾度も台湾を代表して国際大会に出場してきた。輔仁大学体育学科3年生の彼女がフェンシングを始めたのは5年前のことだ。以前はフィギュアスケートの選手で、台北市立育成高校の体育班にいた時に先輩に勧められ、フェンシングに転向した。

フェンシングの経験が浅い頃は、強い選手を相手に、15本先取した方が勝ちという試合で1~2本しか取れないこともあった。だが、大きな得点差にも決してくじけることはなかった。「敵は自分なんです。相手と実力に大きな開きがあっても、前回より1本でも2本でも多く取れればそれは進歩ですから」と言う。彼女はチームの仲間の協力を得て、攻撃力を高めていった。フェンシングを始めて5年、程昕はすでに全国インターカレッジで3連覇しており、アジアU23フェンシング選手権大会でも3位という成績を上げている。

ユニバーシアードが台北で開かれることとなり、程昕は多くの人にフェンシングという魅力的なスポーツを知ってもらいたいと考えている。ウエイトリフティングやテコンドーなどと比べると、この西洋の剣術は台湾ではあまり馴染みがない。フェンシングには「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目があり、それぞれ使用する剣の外見が少し異なるだけでなく、サーブルは他の2種目とは試合のルールにも相違がある。いずれも相手の身体に剣先が一定の力で当たれば得点となるが、サーブルの場合は、「突き」の他に「斬る」という動作でも得点となる。そのため、攻撃のスピードは非常に速く、試合は緊張感があって刺激的である。

フェンシングでは、相対する二人の選手がフットワークを使って一進一退しつつ、互いの戦略を読みながら攻防を繰り広げる。そしてほんの一瞬の動きで得点が入るところに程昕は大きな魅力を感じていると言う。実践経験では西洋の選手には及ばず、また東洋人は小柄なので不利でもあるが、程昕は自分の弱点の克服に努力してきた。そして敵が自分の仕掛けた罠に思い通りにかかり、その一瞬を突いて得点した瞬間、何ものにも代えがたい達成感が得られると言う。

ユニバーシアード初出場の程昕に対して、国立体育大学修士課程に学ぶフェンシング選手の徐若庭は、すでに4回にわたって台湾を代表してユニバーシアードに出場している。2012年にはロンドンオリンピックにも出場し、ベスト32に入った。台湾のフェンシング女子選手としては初めてのオリンピック出場だった。

再びユニバーシアードの競技場に立つ徐若庭は、今は一人の母親でもある。大会に備えて練習に励むと同時に、1歳余りの娘の世話もしなければならない。練習を終えて帰宅すると、娘と遊んでやることもできないほどヘトヘトに疲れていると言う。家庭と選手の両立は厳しいが、精神的には以前より大らかになって「絶対に勝たなければ」という気負いもなくなり、ゲームを楽しめるようになったと語る。

大会での経験が豊富な徐若庭は、過度に緊張すると普段の実力が発揮できないという。試合のプレッシャーに対して、彼女は独自の解消方法を持っている。試合前にはイヤホンをつけて音楽を聴くか、目を閉じてこれまでの試合での痛快なシーンを回想するのだと言う。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!