世紀臺博 細訴百年事

:::

2016 / 2月

文‧鄧慧純 圖‧金宏澔


路的盡頭,靜靜的座落著一棟羅馬式圓頂的白色建築。一世紀以來,它默默的凝視著台北城裡的熙熙攘攘。它是為慶祝台灣鐵路南北縱貫線通車,及紀念台灣第4任總督兒玉源太郎與民政長官後藤新平在台政績而建的。仿自古希臘神廟式的外觀,象徵著理性、啟蒙,標示出知識殿堂的神聖;室內中央大廳32根巨大的複合式石柱撐起空間的肅穆感,光線穿透圓頂彩繪玻璃創造出的炫麗光彩,意喻其紀念的意義。它正是館前路、衡陽路市街的端景──國立臺灣博物館。


國立臺灣博物館的前身是日據時期的「臺灣總督府民政部殖產局附屬博物館」,戰後改名為「臺灣省立博物館」,1999年精省後,轉隸屬文建會,更名為「國立臺灣博物館」。

創立於1908年的臺博館是台灣現代知識的啟蒙地,採現代科學的研究方法,以台灣自然史為主題,典藏了台灣人類學、地學、動物學、植物學的藏品與標本,當中重要者包括台灣原住民文物約七千多件,及台灣雲豹最完整的家族標本,這是台灣的「物」開始被有系統、有目的的收藏、研究與展示的開端。

另一方面,作為台灣歷史最悠久的博物館,臺博館也典藏了台灣關鍵時刻的相關物件,如鎮館三寶:「鄭成功畫像」、台灣古地圖中第一幅山水彩繪的「康熙臺灣輿圖」及「臺灣民主國藍地黃虎旗」。館長陳濟民說:「臺博館是台灣早期僅此一家、別無分號的博物館,許多稀奇珍寶都被送了進來。」如當年簽署《中美共同防禦條約》的鋼筆、國父演講的原聲唱片、木乃伊「柯象」,都被送入臺博館的寶庫。「儘管現今已有大大小小的博物館近750個,臺博館的收藏還是最能代表台灣這塊土地上發生的人、事、物,想了解台灣的歷史、文化和生態,就要到臺博館來﹛v陳濟民說。

自然史博物館的使命

以台灣人認識自己、國際友人認識台灣的代表性博物館為定位,臺博館自3年前開始規劃,將典藏的精髓與台灣的自然、歷史、族群、人文作一完整的論述介紹,預計在一年半內完成館舍地下室與2、3樓的常設展。

此外,作為台灣最早的自然史博物館,其自然史收藏之豐富令其他博物館難以望其項背,為展現其特色,館方將最擅長的自然史與環境教育結合,走出博物館大門,深入社區,在臺博館南門園區規劃生態保育特展及「小小神農氏──食農教育計畫」,種植了紅藜、黑豆、水稻等作物。邀請附近的國小將教室搬到教學農園來,食農教育計畫讓學童體驗、觀察作物的成長,默默的在孩童心中埋下友善環境的種子。自2014年起,臺博館也與慈心有機農業發展基金會合作,於每周六開辦「田裡有腳印」有機市集,邀請有機小農共襄盛舉。從展覽、市集到教學,這座歷史悠久的博物館展現了新樣貌,為保育生態盡社會責任。

臺博館亦致力參與國際組織,2015年國際博物館協會──自然史博物館委員會年會在台北舉辦,會後並發表「臺北宣言:自然史博物館與生物多樣性保育」,宣示自然史博物館推動生物多樣性保育的心力。

首都文化園區的博物館想像

從1908~2016年,百年的臺博館藏品數量已達十一萬五千多件,典藏空間嚴重不足。再加上自1980年代起,如雨後春筍般出現的各類博物館,使臺博館面臨轉型與競爭的問題。2002年331大地震,館舍因受損封館整修數年。再開館時,正是臺博館跨出公園、尋求突破的臺博館系統發動之時。

「臺博館系統利用跨部會合作之精神,修復古蹟再利用為方法,以老字號的臺博館為核心,將台北城內外的古蹟空間串起來」,臺博館研究員林一宏如是說。除了自然史的典藏外,古蹟本身也是一種展示與典藏,因此,臺博館開始尋找與自己性質相近、但閒置中的古蹟空間結盟。

首先,就近找到土銀展示館,其前身為日本勸業銀行舊廈,銀行大廳寬敞的接待空間,是全台古蹟中少見單一而完整的室內展場。因此,策展人員將數隻巨型的恐龍模型放入挑高的展場中,並結合了地學、動物學、植物學等各學門,展示古生物及生命演化的過程。陳濟民說,現在夜宿博物館、與恐龍共眠是臺博館秒殺的熱門活動。

南門園區使用的是1899年開業、製造樟腦的南門工場產業遺址,其原屬於台灣菸酒公賣局,在公賣局民營化後,產權交還國家,該地權再轉撥歸臺博館系統運用。因其地緣關係,規劃為台灣產業史博物館。

規模最大、複雜度最高的鐵道部,位於台北市延平北路、北門外側,其原址是劉銘傳於1884年建造的機器局,當時是槍砲、子彈的製造工廠,林一宏玩笑著說:「這街廓可說是台北第一個科技園區。」日人來台後改為鐵道部用,並於1919年興建現存的這棟磚木混合構造的英國都鐸式建築。鑑於鐵路是工業革命後的產物,也是一個城市現代化的重要指標,館方將鐵道部定位為現代性的博物館,目前該區域尚在整建修復中。

夢幻博物城:一個現代性的尋夢計畫 

臺博館系統中古蹟再利用的案例,使古老建築被重新賦予生命,能夠重新被記起。但台博館所處的台北城,其風貌在百年間急遽變遷,許多角落被拆毀、換了面貌而遺忘消失,民眾對台北城的記憶也隨著城市建築的更新,漸漸的忘卻舊日的模樣。故臺博館利用此次慶祝建築百年的機會,策劃了「夢幻博物城:一個現代性的尋夢計畫」特展,將關照的視野從臺博館提升到整個台北城,與台北城的45個記憶地點作串聯,藉此脈絡了解台北整體的發展。

展館內分為「幻境」與「迷宮」兩展廳,一樓東廂「幻境」展廳透過影像隧道的裝置,收錄民眾對於台北城市的記憶影像。另一側的西廂「迷宮」展廳則整理了台北城內現代化過程中散落的歷史片段與景點,將台北城現代化過程與「都市烏托邦」、「現代大街」、「都市遊牧」、「知識理性」、「權力象徵」及「工業生產」六個現代性議題扣連。

策展人之一的研究員林一宏娓娓道來現代性與台北城的發展歷史,以及與台北城45個記憶地點的關聯。

台北城建於1884年,原是個四面築牆的聚落,在日本據台後開始全面現代化的變革。日本人對於台北城的都市烏托邦計畫始於各項的基礎建設,如台北水道唧筒室(今自來水博物館)、總督府臺北醫院(今台大醫院常德院區);原初都市計畫規劃保留城牆,但計畫趕不上變化,鐵道建設起了頭,率先拆除了西城牆與西門,原有的空間成為林蔭的三線道,城市風貌丕變。

自此,台北城裡開始有了現代性的象徵地點,如新公園、三線道、林蔭道等公共空間;時尚的消費場所,如菊元百貨、明星咖啡廳都是時尚大街的一環;作為連結的交通樞紐點(台北火車站)亦日趨重要。教育亦是現代化過程重要的環節,如成立了台北州立第一中學校(今建國中學)、台灣教育會館(今二二八國家紀念館);還有現今許多的產業遺址,如總督府交通局鐵道部(今臺博館系統鐵道部)、總督府專賣局與南門工場(今臺博館系統南門園區)。在建築上,日本人在台的官式建築呈現權力象徵的歷史主義風格,如台灣總督府(今總統府)、台北州廳(今監察院),與當時世界流行的現代主義風格截然不同,也揭示著殖民者的心態。這些都記錄了台北城現代化的軌跡。

45個記憶地點在台北城的發展歷史中各有其角色與意義,民眾可以細細思索並親自走訪,去感受城市如何變遷、如何成為今日的樣貌。策展團隊也設計了APP互動模式,可與城內45個古蹟打卡串連,建構民眾對台北城的「集體記憶」,並收集起來成為臺博館百年的禮物。

國立臺灣博物館,這棟佇立在台北市中心、百年的老建築,漸漸變得不一樣了。作為台灣現代知識的啟蒙地,曾經典藏著帝國的輝煌往昔,見證歷史的發展。如今它卸除二二八公園的圍欄,打開後花園歡迎新住民,走出公園,走下台階,步入人群,運用荒廢的老建築、賦予創新生機,在台北城的各個角落繼續訴說屬於台灣的故事,成為一座記錄台灣、訴說台灣、屬於台灣民眾的博物館。    

相關文章

近期文章

EN 日本語

A Museum for the Ages—The National Taiwan Museum

Cathy Teng /photos courtesy of Chin Hung-hao /tr. by Geof Aberhart

At the end of a busy city road is a white ­building topped with a Roman-style dome, quietly sitting where it has for over a century, bearing witness to the growth and evolution of Tai­pei City. The building was constructed to celebrate the completion of Taiwan’s north–south railway connection and to commemorate the achievements of Gen­taro Ko­dama, Taiwan’s fourth Japanese governor-general, and of Shin­pei Goto, head of civilian affairs. The design of the exterior, inspired by ancient Greek temples, aimed to symbolize rationality and enlightenment, befitting the building’s role as a house of knowledge. Inside, the main lobby has 32 huge columns in a fusion of styles, creating an air of gravitas, while the stained-glass panel beneath the dome above creates a rain of wonderful colors, indicating its role as a memorial. It sits at the southern end of today’s Guan­qian Road, and it is the National Taiwan Museum.


Founded in 1908, the National Taiwan Museum showcases modern understandings of Taiwan, with curators presenting a modern collection of artifacts and samples relating to Taiwan’s anthropology, geography, flora, and fauna. Of particular note are the collection of over 7,000 Aboriginal cultural artifacts and a “family” of Formosan clouded leopards. This collection also marked the start of the systematic collection, study, and display of things Taiwanese.

As Taiwan’s oldest museum, it is also home to a collection of items from crucial periods in the island’s history, including three particularly prized pieces: a portrait of Ko­xinga, a map of Taiwan under the reign of Emperor Kangxi, and the flag of the short-lived Republic of Formosa. “This museum was Taiwan’s first and, for some time, only one, so a number of precious items were sent here,” says NTM director Chen Chi-min. Such items include the pen used to sign the Sino–American Mutual Defense Treaty, and a recording of a speech by Sun Yat-sen. “The NTM collection is the most representative of the people, events, and artifacts of Taiwan’s history, so it’s a must-visit for anyone who wants to understand the history, culture, and environment of our island.”

A museum of natural history

As Taiwan’s first natural history museum, the National Taiwan Museum has always specialized in combining natural history with environmental education. At the Nan­men Park branch, there are even a special exhibit on conservation and an educational garden. Local elementary-school classes are invited to give the children experience with gardening, letting them see for themselves how the food they eat is grown and learning lessons that sow the seeds of a conservation mindset early. The NTM also works with the Tse-Xin Organic Agriculture Foundation to hold an organic food market, with local small farmers invited to showcase their wares. Whether through exhibitions, markets, or education, the NTM is working hard to uphold its responsibility to the community and environment.

The museum is also active in international organizations. In 2015, it was authorized to host the annual meeting of the International Committee for Museums and Collections of Natural History, in which the NTM’s commitment to promoting biodiversity was highlighted through the proclamation of the Tai­pei Declaration on Natural History Museums and Biodiversity Conservation.

A capital culture park

Between 1908 and 2016, the National Taiwan Museum collection grew to over 115,000 items, and after a few decades space became an issue. Additionally, since the 1980s museums of all varieties and all sizes have sprung up across Taiwan, meaning the NTM was faced with a need to transform and stay competitive.

The museum building itself being a kind of exhibit, “The NTM worked across departments and agencies to get the building repaired and to make it the heart of a movement to link together historical spaces both inside and outside Old Tai­pei City,” says NTM researcher Lin Yi-hung. And so the NTM began looking for similar historic spaces lying idle around the city.

First came the building that formerly was home to the Land Bank of Taiwan. This structure boasts one of the largest and most completely preserved interior spaces of any historic site on the island. Making use of the soaring roof space, the curators installed several massive model dinosaur fossils to create an exhibition on ancient animals and the evolution of life. According to director Chen, the overnight “Sleeping with Dinosaurs” activities hosted by the Land Bank branch of the museum have become some of the NTM’s most popular.

The museum’s Nan­men Park branch, meanwhile, began life in 1899 as a camphor processing plant. Previously owned by the Taiwan Tobacco and Wine Monopoly Bureau, the land rights were later transferred to make it part of the NTM after the bureau’s privatization. Given its background, it was decided that the branch would serve as a museum of Taiwan’s industrial history.

The biggest, most complex restoration involved the old Japanese Railway Department building located by Tai­pei’s North Gate at No. 1, Yanping North Road. Commissioned as an arsenal in 1887, after the Japanese took control of Taiwan in 1895 it was put to use by the Railway Department. In 1919, the building took its modern form, built from brick and wood in a mock Tudor style. The railway was a product of the industrial revolution and an important indicator of a city’s modernization, and so as part of the NTM, once renovations are complete the old Railway Department building will serve as a museum of the modern era.

A modern dreamland

The National Taiwan Museum’s reuse and refurbishing of historic buildings is injecting them with new life and enabling them to be remembered anew. However, the museum’s home, Tai­pei City, has undergone many dramatic changes over the decades, and people’s memories of the city change with it, with memories of the old city fading into the past. This is why the museum is making the most of the centennial of its main building by putting on an exhibition entitled “Musemble City: An Experiencing Project for Modernity.” Starting at the small scale with the NTM and moving up to the larger picture of the whole city, the exhibition links together 45 points of memory and interest across the city, thus creating a better overall understanding of Tai­pei and its development.

This special exhibition is divided across two main exhibition halls, “Maze” and “Mirage.” In the eastern wing, “Mirage,” an “image tunnel” has been set up, displaying recordings of memories of Tai­pei City; in the western wing, “Maze,” pieces of Tai­pei’s history and landmarks are on display, recording Tai­pei’s evolution through six topics: “Utopia,” “High Street,” “Urban Nomad,” “Knowledge and Disenchantment,” “Symbols of Authority,” and “Industrial Production.”

One of the curators, researcher Lin Yi-hung, talks enthusiastically about modernization and the developmental history of Tai­pei, tying it in with the exhibits of 45 of the city’s historical landmarks. The walled city of Tai­pei was founded in 1884, and after the Japanese took control of Taiwan in 1895, Tai­pei began its process of modernization. The Japanese had utopian plans for Tai­pei City, and began setting up all kinds of infrastructure. Originally they had planned to preserve the city walls. However, sometimes things don’t go to plan, and in the construction of the Railway Department building they first tore down the western wall and gate to create tree-lined three-lane roads, changing the face of the city forever.

The 45 landmarks showcased in the exhibition all had their own roles and significance in Taipei’s development, and the exhibition enables visitors to explore in detail to really get a sense of how the city evolved into what it is today. The team of curators also designed a smartphone app with which users can “check in” at each of the 45 sites, thus creating a kind of collective memory of Tai­pei among the users while also bringing together a century of Tai­pei history.

The National Taiwan Museum, this centagenarian site in the heart of Tai­pei, is gradually changing. From collecting images of empire to becoming a storehouse of knowledge about modern Taiwan, the museum has been a witness to history. Today, as the gateway to 228 Memorial Park, it welcomes immigrants and new arrivals of all stripes, while elsewhere it is breathing new life into old buildings. Spanning Old Tai­­pei, the NTM continues to tell Taiwan’s stories, record her history, and serve as a museum truly for and about the people.

百年にわたる台北の物語——国立台湾博物館

文・鄧慧純 写真・金宏澔

通りの突き当りに、ローマ風のドームを持つ白い建築物が静かに建つ。この1世紀、その建物は台北の喧騒を静かに眺めてきた。20世紀初頭、台湾南北縦貫鉄道の開通と、第4代台湾総督児玉源太郎と民政長官後藤新平を記念して建設されたものだ。ギリシャ神殿を模した外観は理性と啓蒙を象徴し、知識の殿堂としての威容を誇る。中央ホールには32本の巨大なコリント式石柱が厳粛にそびえ、ドーム天井のステンドグラスから華やかな光が差し込む。館前路の突き当りに変わらぬ姿を見せてきたのは、国立台湾博物館だ。


国立博物館の前身は日本統治時代の「台湾総督府民政部殖産局付属博物館」で、戦後「台湾省立博物館」と改められ、文化建設委員会の所轄となった後、「国立台湾博物館」と改名された。

1908年創立の同館は、現代知識の啓蒙の場とされ、自然史を主題に、台湾の人類学、地学、動物学、植物学に関する所蔵品や標本が科学的研究方法に則って集められた。台湾原住民の文物7000点余りや、ウンピョウの家族の標本などは特に重要である。台湾における系統立った収蔵、研究、展示の始まりであった。

また、台湾で最も歴史ある博物館として、時代を代表する収蔵物を有する。館の「三宝」とされるのは、「鄭成功画像」「康熙台湾輿図」「台湾民主国藍地黄虎旗」だ。陳済民館長は「台湾博物館は、当時の台湾で唯一の博物館で、あらゆる貴重な物品が集められました」と言う。例えば、米華相互防衛条約締結時のサインに用いられた万年筆、孫文の演説を録音したレコード、柯象という人物のミイラなどが収められてきた。「今では博物館も大小合わせて750近くありますが、うちの収蔵物は、この台湾の人、事、物を最もよく表しています。台湾の歴史や文化、生態を知りたいなら台湾博物館に来てください」と陳館長は言う。

自然史博物館としての使命

台湾人が自らを知るため、また海外の人が台湾を知るための博物館として、台湾の自然や歴史、エスニック、文化を完全な形で紹介しようと、地下23階の常設展設置に3年前から着手しており、1年半ほどで完成する予定だ。

ほかにも、台湾で最も古い自然史博物館として、地域に分け入って自然史と環境保護教育とを結びつける工夫をしている。それが、台湾博物館南門パークにおける生態保護特別展と食農教育計画だ。同パークではイネ、クロマメ、タカサゴムラサキアカザなどの作物を栽培し、近隣の小学生を招いて作物栽培や成長観察を体験してもらうことなどによって、子供たちの心に環境への配慮が芽生えることを期待している。2014年からは慈心有機農業発展基金会との協力で、毎週土曜に有機農作物市場を開いている。今や同博物館は展覧、市場の運営、教育と、新たな手法も取り入れながら、生態保護のために一役買っている。

国際組織への参加にも力を入れる。2015年には国際博物館会議の「自然史の博物館コレクション国際委員会」総会が台北で開かれた。そこでは「台北宣言」が発表され、自然史博物館が生物多様性の保護を担っていくことが示された。

首都の文化パークとして

1908年から百年の間に台湾博物館の収蔵品は11万5000件を超え、収蔵スペースの不足が問題となってきた。そのうえ1980年代以降は次々と多様な博物館が出現し、競争にさらされるようになった。2002年の地震で博物館建物に被害が出て修築に数年を要したため、その再スタートの際に、台湾博物館は活動範囲をさらに外へと広げるという新たな方向を目指したのである。

「異なる分野と協力し、台湾博物館を中心に、台北にある歴史的建造物を結びつけることにしました」と同博物館研究員の林一宏さんは言う。歴史的建造物も一種の収蔵物であり展示品である。そこで、台湾博物館と性質が似ていて、放置されたままの歴史的建造物を用いることにした。

まず、博物館向かいの土地銀行の建物を「土銀展示館」とした。日本統治時代に勧業銀行だった建物で、広々としたホールがあり、広大な室内展示場となる。そこで、ここには恐竜の模型を数体展示し、地学、動物学、植物学を結びつけた、生物進化の過程を学べるスペースとした。陳館長によれば、同展示場で恐竜を眺めながら宿泊するプログラムは大人気で、予約受付開始後たちまち完売するという。

南門パークの前身は、1899年開業の、樟脳を生産した南門工場だった。やがて台湾タバコ酒公売局の所有となり、同局が民営化された後、国に返還されていた。その歴史的背景から、今は台湾産業史博物館となっている。

規模が最大で、改築に手間がかかるのは鉄道部展示場だろう。台北市延平北路を挟んで北門の向かい側にあり、劉銘伝が1884年に建てた機器局があった場所だ。当時は大砲や銃を作る工場だった。「台北で最初のサイエンスパークですよ」と林一宏さんは冗談めかして言う。その後、日本人がやってきて鉄道部の庁舎とし、現存の英国チューダー様式の建物は1919年に建てられた。近代化の指標である鉄道に関連付けて、ここは近代化をテーマとする博物館となる予定だが、現在はまだ修築中である。

夢探しの博物タウンとして

歴史的建造物の再利用は、古い建物に新たに生命を吹き込み、人々の記憶を呼び覚ます。台北の町は百年の間に激変し、古いものは次々と失われ、昔日の風景も忘れ去られつつある。そこで博物館は築百年の機会をとらえ、特別展「夢の博物タウン:現代の夢探しプロジェクト」を企画した。視野を台北の町全体に広げ、台北に点在する45のメモリースポットを結び付けることで、台北全体の発展過程を明らかにしようというのだ。

展示場は「幻境」と「迷宮」の二つに分かれ、1階東棟の「幻境」展示ホールでは、映像トンネルに台北の町のさまざまな時代の映像が映し出される。一方、西棟の「迷宮」展示ホールでは、「都市ユートピア」「現代の大通り」「都市遊牧」「知識と理性」「権力の象徴」「工業生産」の6テーマを通し、台北近代化の過程が理解できる。

展覧企画者の一人である林一宏さんは、台北の町の近代化と、45のスポットとの関わりについて詳しく説明してくれた。

1884年に作られた台北城は四方を城壁で囲まれた町だった。その後、日本統治時代に全面的な近代化がなされる。日本人は台北を理想的なユートピアとするべく、インフラ整備を進めた。台北水道ポンプ室(現「自来水博物館」)、総督府台北医院(現「台湾大学病院常徳院区」)などがそれだ。当初は城壁も残す計画だったが、時代の変化のスピードは計画より激しく、鉄道が敷かれることになる。まず西側城壁と西門が撤去され、その跡地は街路樹の繁る大通り(三線道)となり、町の風貌は一変した。

この時以来、台北の町には新公園、三線道、街路樹通りなどの公共スペースが作られていく。また流行先端の場としては百貨店やカフェが、交通の要所として台北駅も登場した。近代化の象徴である教育の場としては台北州立第一中学校(現「建国中学」)、台湾教育会館(現「二二八国家紀念館」)が、産業の場として総督府交通局鉄道部(現「台湾博物館鉄道部」)、総督府専売局及び南門工場(現「台湾博物館南門パーク」)などの遺構が今も残る。日本統治時代の権力の象徴であった官庁、例えば台湾総督府(現「総統府」)や台北州庁(現「監察院」)の古典的な重々しい構えは、当時世界で流行していたモダニズムとは大きく異なり、統治者の意向を表すかのようだ。これらすべてが台北近代化の軌跡を記録する。

45のスポットはいずれも台北の発展においてそれぞれの役割を果たしてきた場所で、実際に訪れて歴史に思いを馳せ、変化を感じ取ることができる。或いは、展覧に合わせて作られたアプリケーションを使えば、45のスポットを組み合わせ、自分だけの「台北タウンメモリー」を作ることもできる。

台北市の中心に建ち、百年の歴史を持つ国立台湾博物館もこうして変化を遂げている。かつては台湾における啓蒙の地として、帝国の輝ける歴史を収蔵し、その発展を見つめてきた。そして今は博物館を囲む二二八公園の柵も取り払われ、新たに市民を歓迎しながら、博物館自らも町へと歩み出て、台湾の物語を語り始めた。台湾を記録し、台湾を語り、台湾人に属する博物館として。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!