東台灣的育才方舟—公東高工

公東高工
:::

2020 / 10月

文‧林旻萱 圖‧林旻萱



位於台東市區,竣工於1960年的公東高工聖堂大樓,是瑞士建築師達興登(Justus Dahinden)的作品。

四層樓高的清水模建築,牆面粗獷不經修飾,正面的女兒牆上,排水口整齊排列,與背面裝飾著大面積的垂直格柵遮蔭,呈現出工整簡約的幾何線條。在樓梯轉角處的立面,另外切割出大小錯落的方型孔洞,自然的景致鑲嵌其中,樸實的泥作建築因此增添了幾分色彩。

規劃在頂樓的聖堂,室內封閉,僅透過聖壇頂部的天窗與斜屋頂的縫隙,導入些許光源,與右側牆上鑲嵌彩窗所描繪的耶穌「十四苦路」故事相互輝映,營造出寧謐莊嚴的宗教氛圍。而當陽光穿透花窗,在座椅上投射出七彩的光束,更為聖堂添加了魔幻之美。

這棟以獨特的「板結構」所興建的建築,最早由天主教白冷外方傳教會神父錫質平(Jakob Hilber),為了興辦技職學校,經多方籌備募款才創立。60年來,不僅培育出無數優秀專業人才,也是敬虔的傳教士對於這片土地無私奉獻的最佳見證。

相關文章

近期文章

EN 日本語

A Sanctuary for Education in Eastern Taiwan

St. Joseph Technical Senior High School

Lin Min-hsuan /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Brandon Yen


Completed in 1960, the Chapel Building of St. Joseph Tech­nical Senior High School in Taitung City is a work of the late Swiss architect Justus Dahinden.

A four-story building in the brutalist style, it features rough, bare béton brut walls. Simple geometric lines govern the shapes of both the neat rows of rainwater outlets on the parapets on the front façade and the long span of shade-casting vertical bars in the rear. On the wall that flanks the spiral staircase are ir­regu­larly spaced rectangular openings of various sizes. Framing picturesque views, they bring some variety to the other­wise unadorned concrete building.

The chapel is situated in an enclosed space on the top floor. Natural light is filtered through a skylight above the altar and through apertures below the pitched roof, complementing the luminosity of the stained-glass windows depicting the Stations of the Cross in the wall to the right of the pews. When the sun shines through the stained glass, projecting multicolored patches of light upon the wooden seats, the chapel becomes utterly enchanting.

The Chapel Building, whose defining style lies in its distinctive structural “plates,” originated in a fundraising campaign launched by Rev. Jakob Hilber of the Bethlehem Mission Society in order to establish a vocational school in Taitung. Over the past 60 years, the school has educated many talented people, testifying to the selfless work of foreign missionaries in Taiwan.         

東台湾の人材育成の箱舟

——公東高級工業職業学校

文・林旻萱 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜


台東市内、1960年に竣工した公東高工(私立公東高級工業職業学校)の聖堂大楼は、スイスの建築家ユストゥス·ダヒンデンの作品である。

4階建ての打放しコンクリート建築で、壁面は荒々しく装飾はない。正面から見える手すり壁には排水口が整然と並び、建物裏側の広い面積に施された垂直の格子模様とシンプルな幾何学的対比を成している。階段の踊り場の立面に開けられた大小さまざまな四角い穴からは、自然の景観が取り込まれ、飾り気のないコンクリート建築に色彩を添えている。

屋上に建てられた教会の屋内は閉ざされた空間で、聖堂の上部に開けられた天窓と斜め屋根に作られた隙間から、かすかな光が差し込んでいる。右側の壁にはキリストの「十字架の道行」を描いたステンドグラスがはめ込まれており、そこから差し込む光と自然光が荘厳かつ宗教的な空気をかもし出している。ステンドグラスを通った陽光は、教会の座席を幻想的に七色に照らし出す。

このユニークな「板構造」で建てられた建造物は、かつてカトリックのベツレヘム·ミッション·ソサエティのJakob Hilber神父が、職業技術学校を創設するために多方面から資金を募って建設したものだ。それから60年、公東高工は数えきれないほどの優秀な職業人材を世に送り出し、それとともに、この大地に対する宣教師の無私の奉仕を見守ってきたのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!