來來來, 到台灣, 學中文!

:::

2016 / 3月

文‧劉嫈楓 圖‧美國國際教育交流協會


瀏覽媒體訊息,不時見到歐美知名人士身上帶有中文刺青。例如英國足球巨星貝克漢,身上的「生死有命,富貴在天」,就曾引起外界一片熱議。在歐美國家難得出現的中文,有時看了令人莞爾一笑,但一不小心誤解寫錯了字,卻可能淪為網路笑談、貽笑大方。

如今,讀寫中文可不再只是為了耍酷耍炫。隨著華語熱潮,世界各地不但紛紛設立中文班,每年更有數萬人到台灣或中國大陸學中文。

在台灣除了有四十多所華語中心,也有不少國外組織選擇與大專院校合作,吸引外國學生來台學中文。


 

來自美國,最初為了宣揚反戰理念,希望透過語言交流認識彼此、從而弭平戰端的美國國際教育交流協會(CIEE),1993年即已與政大合作在台設立據點,透過國際間四十多國的分支據點,吸引世界各國的學生前來。

世界四十多個據點,選擇多

「透過美國國際教育交流協會在美、歐等地四十多個據點,學生能有更多的選擇權。」美國國際教育交流協會台北研習中心主任張玉玲指出,台灣雖早有多所華語中心,過往的模式多以校對校、單點合作的方式進行,學生僅能在與各校簽訂合作協議的海外學校中選擇,相形侷限。此外,美國國際教育交流協會因與各校合作,學生選修的課程學分都獲得承認,毋須中斷學業前來選修,保有了生涯規畫的彈性。

為了提供學生多元的選擇,美國國際教育交流協會台北研習中心提供了雙軌課程,一種是以中文課程為核心,搭配在地的深度體驗課程。「除了進度中的課程,也會安排來到故宮、大甲鎮瀾宮,走訪藝術家等行程,透過實際與台灣民眾、社會的互動,體驗中文。」張玉玲說。

另一套課程則提供了全英文教學,並與台灣藝術、政經、文化種種面向相關的內容。因為教學豐富、彈性,1993年成立以來,吸引中東、歐美等各國學生紛紛前來。

張玉玲表示,因為課程、教師全由美國國際教育交流協會一手負責,還一度被打趣地被稱為「政大租界地」。2001年接任美國國際教育交流協會台灣研習中心主任後,張玉玲就發現,不論台灣學生或是海外學生,都渴求彼此交流。

美國國際教育交流協會提供台灣學生前往海外交換求學的平台,來台學中文的海外學生也是台灣認識國際的最佳機會。因此除了國際間的交流,美國國際教育交流協會也在台灣推動文化大使,鼓勵台灣學生加入,行銷台灣,無形間也擴大了自己的國際視野。

來台求學,行銷台灣

美國國際教育交流協會台北研習中心副主任王如敏表示,不少來台求學的學生,成了行銷台灣最好的觀光大使,有些學生家長為了探視孩子,首度踏上台灣。

25歲的Nicholas Sidman是因為就讀的加州大學爾灣分校與上海復旦大學合作的學生交換計畫,第一次來到亞洲。

按原訂規劃,Nicholas打算在大學畢業後報考法律學院。但在律師事務所工作一段時日後,Nicholas發現自己並不喜歡律師忙碌緊張的工作型態。當時Nicholas有不少朋友正在中國、台灣教英文,加上母親在加州國小任教,於是決定來台擔任英文老師。嘗試一段時間,Nicholas發現自己應付不了小朋友的活潑好動,放棄了當老師的念頭。

Nicholas透過學校的推薦前來美國國際教育交流協會台灣據點學中文,並在獲得教育部頒發的華語教育獎學金,再度來台。今年Nicholas正準備申請政大外交研究所,攻讀碩士。

就讀加州大學爾灣分校國際關係學系的Nicholas說起台灣並不陌生。課堂間Nicholas時常與同學老師討論亞洲政經局勢,對台灣的政局、歷史文化早有掌握,但卻僅僅停留在書本上。直到他來到台灣,透過課堂教學與每一回走入台灣的體驗,才有了截然不同的認識。

走入民間,哪項才是學生的最愛?答案都不一樣,對才離開忙碌城市生活的Nicholas,日月潭湖光山色、整片綠意的美景令他印象深刻。不論前往故宮、順益博物館,或是體驗祭孔大典,每一次的走訪,都讓Nicholas理解的台灣變立體了。「其實台灣是多文化、多族群的,不僅受到日本、中國大陸的影響,還有原住民、荷蘭……」,Nicholas說。這般的台灣對許多未曾到訪、時常將台灣誤認為泰國的外國人,自然難以體會。

不光如此,文青咖啡店還讓原本在家鄉對咖啡興趣缺缺的Nicholas,也開始愛上咖啡文化。食衣住行處處便利的台北是Nicholas最喜歡的城市。課餘時間,Nicholas常常點一杯咖啡、帶上一本書,就在咖啡館度過悠閒的下午。「像是公館一帶就很棒!」Nicholas點出不少咖啡的聚集地,像是在台北生活了好幾年的文青。特別的是,除了台北時興的咖啡文化,專為咖啡、調酒愛好者打造專屬教室,更是Nicholas在加州從未見到的模式。

上學、生活……,Nicholas細數來台的點點滴滴。出生律師世家的Nicholas來台前家中已替他擘畫好未來。來台的決定一度無法獲得父親的理解。反而從事教職、生長於蘇格蘭的母親態度開明,覺得Nicholas的決定「很酷」。經過一段時日,父親也漸漸尊重他的選擇,從未到過台灣的他們日前還特地搭機前來,由Nicholas擔任導遊,台南、台北兩地跑,大啖小吃、盡覽美景。

來來來,學中文

才剛剛結束法鼓大學上半學期課程的Chris Rowe,是2012年來到美國國際教育交流協會就讀的學生。Chris表示,學習中文的動機,是高中時即對東方宗教萌生興趣。他表示,年少時心中有許多人生疑惑無從解答,因此開始對佛教產生興趣,就讀加州大學時選讀不少相關課程。

Chris表示,就讀前對台灣並不了解,來台後才發現遠比想像中的現代化。來台多次,說得一口道地中文的Chris,也深刻了解台灣與美國兩地的文化差異。

他觀察,台灣社會雖然保守,但也保留下許多值得珍惜的倫理傳統,缺點是孩子被過於保護,缺少了獨立自主;而在講求自主的美國社會,年輕世代擁有決定未來的權利,父母親不加干涉,一切得靠自我摸索,卻很容易迷失方向。

結束課程後,Chris又取得教育部華語獎學金來到台灣。當時Chris同時獲得台大、法鼓大學錄取。「同時錄取兩間,非常難以抉擇。」最後Chris選擇進入法鼓大學。Chris表示,選擇法鼓大學,是因為倘若進入台大,跟進入美國大學並無兩樣,「十年後再想起,會是一段很棒的人生體驗。」Chris說。

透過Skype通訊,彼端傳來是來台不過三、四個月、Brieanna Fuentes的聲音。不若Chris與Nicholas一口的流利中文,Brieanna的中文還說得破碎,但負責輔導協助學生的王如敏透露,對來台僅幾個月、生性害羞的Brieanna而言,願意受訪侃侃而談,已跨越了一大步。

就讀美國三河社區大學分子生物系的Brieanna,不像外界印象中西方人個性活潑大方的樣子,個性極為害羞。加上就讀理工科系,多半埋首實驗室,不常有機會面對群眾侃侃而談。初到台灣時,她總是害羞得鮮少發言。

本以為她的個性難以適應國外生活,沒想到Brieanna不但順利完成課程,學期末了,Brieanna沒有返家度假,人反而出現在離島澎湖。原來這段期間Brieanna在網路上認識了現在的男友,因此趁著假期來到澎湖,偶爾來到男友家中的便當店幫忙,她還跟著學會幾句道地的台語。

「呷飽沒?你好嗎?」Brieanna的聲音害羞地從視訊中傳來,流露出濃濃的台灣味。不過不像Nicholas與Chris來台多次,來台不過三、四個月的Brieanna的中文程度,目前還無法對答如流,但中文的抑揚頓挫在她聽來非常美麗。小時候就時常在網路上搜尋各國資訊,早已知道遠方的台灣。

1970年代末,一句「來來來,來台大;去去去,去美國」道盡了當時台灣眾多學子期待出國取經求學的趨勢,然而隨著華語熱當道,昔日的順口溜,換成了「來來來,學中文!」儼然點 出了在時代變化下國際今昔兩樣情。                

英文 日文

Come, Come, Come! Learn Mandarin in Taiwan

Liu Yingfeng /photos courtesy of CIEE /tr. by Geoff Hegarty and Sophia Chen

In the media we often observe European and American celebrities sporting tattoos that feature Chinese characters. British soccer star David Beckham, for one, wears a Chinese tattoo that has attracted a lot of attention: sheng si you ming, fu gui zai tian, which means something like: life and death are determined by destiny, fortune and glory are in God’s hands. It’s quite fascinating (for Chinese people) to see Chinese characters being enjoyed and celebrated by Westerners, but it can go wrong when people misunderstand the meanings of characters.

Today, the skills of reading and writing in Mandarin are not simply a case of showing off, and learning Chinese has become quite a trendy pastime in many regions. Mandarin lessons are happening in classrooms across the globe, with tens of thousands of people traveling to Taiwan and mainland China to study the language.

In addition to the 40-odd Mandarin learning centers in Taiwan, a number of foreign organizations are cooperating with Taiwan universities to attract overseas students to study the language here on the island.

 


The US-based Council on International Educational Exchange (CIEE) was originally founded after WWII to promote world peace through the development of international understanding and trust between nations through communication. Since 1993 CIEE has been working with National Chengchi University (NCCU) in Taiwan, using its global network spread across more than 40 countries to recruit foreign students to study in Taiwan.

Multiple options

Christie Chang, resident director of CIEE’s Taipei Center, states that “students have easy access to a range of study options through the operations of CIEE’s 40-plus branches across the USA and Europe.” For many years now, Taiwan has had available a number of Mandarin learning centers, but generally each center collaborates with a small number of international universities, so options for foreign learners tend to be limited. But with CIEE’s connections to its many cooperating international universities, any credits gained by students in Taiwan are recognized overseas, so they don’t need to withdraw from their original study program, providing additional flexibility for career planning.

Chang says that because CIEE is responsible for designing the curriculum and recruiting teachers, it was once nicknamed “NCCU concession territory.” When she took up her current position in 2001, she discovered a real enthusiasm to communicate among the students, whether they were from Taiwan or overseas.

Apart from CIEE’s function as a platform providing international exchange for Taiwan students, overseas learners recruited by CIEE to study in Taiwan are also highly valued as providing opportunities for local students to learn about the world. So in addition to international exchange, CIEE has also introduced a cultural ambassador program, encouraging Taiwan students to participate in a program to market their home nation while expanding their own international horizons.

Marketing Taiwan

Nicholas Sidman, now 25 years of age, made the decision to study in Asia because of the student exchange program offered by his own University of California, Irvine (UCI), which works in cooperation with Shanghai’s Fudan University.

With a UCI recommendation, Sidman came to study Mandarin at one of the CIEE branches in Taiwan in 2011. Then after returning to the US he gained a Mandarin scholarship offered by the ROC Ministry of Education, so he’s back to study for a second time. This year he’s preparing to apply for graduate study at the NCCU Department of Diplomacy.

But Sidman is no stranger to Taiwan. When he studied international relations at UCI, Chinese–US affairs and the Asian political and economic situation in general were regular topics for discussion. So he became quite familiar with Taiwan’s position both economically and politically, and its history and culture. But his knowledge came purely from textbooks. He only gained practical experience of Taiwan and a deeper understanding of the country when he came here to study.

Sidman has had many wonderful experiences visiting every corner of Taiwan. One extra-special memory which will always remain in his heart is the beautiful scenery of Sun Moon Lake. Visits to the National Palace Museum, the Shung Ye Museum of Formosan Aborigines, and the Grand Ceremony Dedicated to Confucius at the Confucius Temple have provided vivid experiences. “Taiwan has in fact a multifaceted and multi-ethnic culture, influenced not only by mainland China and Japan, but also by its Aboriginal people and even the early Dutch colonizers,” he says. It’s difficult for people who have never visited Taiwan (and who often confuse Taiwan and Thailand) to really understand the country to any extent.

Sidman is enjoying life in Taiwan. With a lawyer father, he was born to a reasonably well-to-do family. His future had been pretty much planned by his family before he decided to come to Taiwan, and his decision to study in Taiwan was not a popular one with his father. However, his Scottish schoolteacher mother tended to be more open minded—she thought Nicholas’ decision was “cool.” And after some time, his father gradually came around as well. His parents had never been to Taiwan, but they came recently to visit their son. Together they enjoyed all the beautiful sights and the delicious food that the island has to offer, especially around Taipei and Tainan.

Current trends

Chris Rowe, another visiting student, has just finished his first semester of study at the Dharma Drum Sangha University (DDSU). He came to Taiwan in 2012 with the assistance of the CIEE organization. Rowe says that his motivation to learn Mandarin came from his interest in Eastern religions at senior high school. He had a number of questions about life for which he was trying to find answers and became interested in Buddhism as a result, later studying subjects related to Buddhist thought at the University of California, Santa Cruz.

After he graduated, Rowe gained a Mandarin scholarship offered by the ROC Ministry of Education, and came to study in Taiwan. With offers from both National Taiwan University and DDSU, he had to make a difficult decision: “It wasn’t easy choosing which university to study at!” Finally, Rowe chose DDSU as he thought that NTU might be very similar to universities in the USA. “I’m sure I’ll retain lots of great memories from my time at DDSU,” he says.

Brieanna Fuentes, another overseas student, is in Taiwan for only three to four months. In a Skype interview in Mandarin, while she wasn’t quite as fluent as Chris Rowe or Nicholas Sidman, her Chinese was still very impressive. Unlike Sidman and Rowe, who came to Taiwan in order to learn Mandarin, Fuentes is studying science subjects entirely in English, so her Chinese proficiency has come entirely from her own efforts. Resident coordinator April Wang says that considering Fuentes’ shy character and the short time she’s been in Taiwan, her willingness to do the interview at all is solid proof of her progress in Mandarin.

Fuentes studied biomolecular science at Three Rivers Community College in the US. In contrast to many people’s general impression of Westerners as lively and outgoing, she’s quite shy. Perhaps as a result of her work in science and engineering, she spends a lot of time in the lab, so speaking in public is not something that she is used to.

Fuentes was worried about adapting to life abroad due to her natural shyness, but she has been surprisingly successful in her course. In fact during the school break, she didn’t go back to the US but traveled to the Penghu Islands. A special friendship that began on the Internet has flowered, and the friend from Penghu is now her boyfriend. Fuentes sometimes helps out in his family’s lunchbox shop, taking the chance to learn authentic Taiwanese.

In the late 1970s in Taiwan, there was a local saying: “Come, come, come, come to National Taiwan University; go, go, go, go to the US,” an expression reflecting the trend of the time. How times have changed. The current trend is something like: “Come, come, come, come to learn Mandarin!”—a reflection of the shifting sands of international relationships between present and past.                                                                     

おいで、おいで! 台湾で中国語を学ぼう!

文・劉嫈楓 写真・美國國際教育交流協會 翻訳・山口雪菜

メディアを見ていると、漢字のタトゥーを入れた欧米の著名人の姿をよく見かける。サッカーのベッカム選手の「生死有命、富貴在天」というタトゥーが話題になったこともある。こんなところで中国語に出会うと、思わず笑ってしまうが、文字が間違っていたりすれば、それこそネット上の笑い話にされてしまう。

昨今では、漢字は単にクールなものというだけではなくなった。世界的な中国語学習ブームが巻き起こって各地に中国語教室が設けられ、毎年数万人の外国人が、台湾や中国大陸に中国語を学びに来ている。

台湾には40余りの大学に華語センターがあり、さらに海外の多くの団体や組織が台湾の大学と手を組み、台湾での中国語学習への窓口の役割を果たしている。


国際教育交換協議会(CIEE)はアメリカの団体である。第二次世界大戦後、二度と戦争が起らないよう、世界の人々が互いの言語を学んで交流を深めることを目的に設立された団体だ。ここが1993年から政治大学と協力して台湾に拠点を設けた。世界40数ヶ国にある支部を通して、外国の学生に台湾留学を紹介している。

世界に40以上の拠点

「CIEEはアメリカやヨーロッパなどに40以上の拠点を置いており、学生たちに多くの選択肢を提供しています」と話すのはCIEE台北センターのディレクター張玉玲さんだ。台湾には早くから多くの華語センターが設けられてきたが、これまでは個別に海外の学校と提携する形が採られていたため、外国の学生は、自分の通う学校と協力関係のある学校の中から留学先を選ばなければならなかった。一方、CIEEは多数の学校と協力関係にあり、留学先での単位も認められるため、母国での学業を中断せずに留学できる。

学生により多くの選択肢を提供するため、CIEE台北センターでは大きく分けて二種類のカリキュラムを提供している。一つは中国語課程を中心として、現地での体験学習を組み合わせたものだ。「中国語の授業の他に、故宮博物院や大甲鎮瀾宮や芸術家などを訪ね、実際に台湾の人々や社会に触れて中国語を体験するというものです」と張玉玲さんは言う。

もう一つは、台湾の芸術や政治経済、文化などを、すべて英語で学ぶというカリキュラムだ。内容が豊富なため、1993年の開設以来、中東や欧米から多くの学生が学びに来ている。

張玉玲さんによると、カリキュラムも教員もCIEEが手配しているため、かつては「政治大学の租界」と呼ばれていたこともあるという。2001年にCIEEのディレクターに着任した彼女は、台湾の学生も海外の学生も、海外との交流を強く望んでいると感じている。

CIEEでは、台湾人学生の海外交換留学のためのプラットフォームを提供するとともに、中国語を学びたい外国の学生にも台湾と出会う機会を提供している。そこでCIEEでは、文化大使として台湾を対外的にアピールする活動を学生たちに奨励しており、これを通して国際的な視野を広げてほしいと考えている。

台湾留学で、台湾の観光大使に

25歳のニコラスシッドマンさんは、カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)在学中に、上海復旦大学との交換留学制度を利用して初めてアジアに来た。

帰国後はロースクールを目指して弁護士事務所で働いていたが、忙しくてプレッシャーの大きい弁護士の仕事は好きではないと思うようになった。当時、少なからぬ友人が中国や台湾で英語教師をしていて、小学校の教員である母親の影響もあって、台湾で英語を教えることにしたが、活発な子供を相手に教えるのが苦手なことに気付き、先生になるのはあきらめた。

2012年、彼は学校の紹介でCIEEの台湾センターで中国語を学び、教育部の華語教育奨学金を得て再び台湾へやってきた。今年は政治大学外交研究所の修士課程に入る準備をしている。

UCIで国際関係を学んだニコラスさんにとって、もともと台湾は馴染みのない存在ではなかった。大学の授業では、米中関係やアジア情勢を討論することも多く、台湾の政治経済や歴史文化についても学んできた。だが、それは書物から得た知識にすぎない。実際に台湾に来て授業を受け、さまざまな体験をすることで、まったく違う見方をするようになったと言う。

台湾のどこが好きかと外国人学生に問うと、それぞれ異なる答えが返ってくる。ニコラスさんは、日月潭の緑の山々と湖が最も印象深いと言う。また、故宮博物院や順益博物館、孔子廟の祭典なども台湾への理解を深めてくれた。「台湾は実は多文化、多民族なのです。日本の影響、中国大陸の影響、それに原住民族やオランダの影響も受けています」とニコラスさんは言う。台湾を訪れたことがなく、台湾とタイを混同してしまう多くの外国人には分からないことだ。

大学や暮らし…ニコラスさんは次々と台湾での経験を語る。彼が台湾に来ると決めた時、弁護士である父親に反対されたが、スコットランド生まれで教員の母親の態度は開放的で、ニコラスさんの決定を支持してくれた。時間がたつと、父親もしだいに彼の選択を尊重してくれるようになり、両親が二人そろって台湾にも来てくれた。その時は彼がガイドになり、台南と台北を案内してB級グルメと美しい景色を楽しんだ。

台湾で中国語を学ぼう

台湾の法鼓大学で半年のカリキュラムを終えたばかりのクリスロウさんは、2012年からCIEEで中国語を学び始めた。彼が中国語を学ぼうと思ったのは、高校時代に東洋の宗教に興味を抱いたからだ。若い頃、人生にさまざまな疑問を抱き、答えを見出せずにいたため仏教に興味を持ち、カリフォルニア大学では仏教関係のさまざまな講座を受講した。

クリスさんは、台湾に来てみて初めて、台湾が想像していたより現代的なことを知り、何度も来るうちに、台湾とアメリカの文化の違いも深く理解するようになったという。

台湾の社会は保守的ではあるが、大切にすべき伝統の倫理を守っていると彼は感じている。欠点は、子供を過保護にするため、独立自主の精神が欠けている点だと指摘する。一方、自主性を求めるアメリカ社会では、若い世代は自分の将来を決める権利を有し、親はそれに口出ししない。すべて自分で模索しなければならず、そのために方向を見失うこともある。

カリキュラムを修了したクリスさんは、再び教育部の華語奨学金を得て台湾にやってきた。その時は、台湾大学と法鼓大学の二校から入学許可を得ており、どちらを選ぶか大いに悩んだという。そして、台湾大学ならアメリカの大学に入るのとあまり違いはないだろうと考え、最終的に法鼓大学を選んだ。「十年後に振り返ったら、すばらしい経験だったと思うはずです」と言う。

続いて、Brieanna Fuentesさんの話を聞いた。彼女は台湾に来てまだ3カ月余りで、Skypeを通して聞こえる中国語はクリスさんやニコラスさんほど流暢ではない。だが、彼女の指導を担当する王如敏さんによると、まだ台湾に来て間もなく、もともとシャイなBrieannaさんにとって、取材を受けるというのは大きな一歩だという。

アメリカのスリーリバーズコミュニティカレッジで分子生物学を学ぶ彼女は、もともと恥ずかしがり屋なうえ、理工系で実験室で過ごすことが多かったため、話が得意ではない。台湾に来たばかりの頃も、なかなか口を開くことができなかったという。

外国生活には馴染めそうもないと思われたが、彼女は順調にカリキュラムを終え、休暇に入っても帰国せず、台湾の離島澎湖へ向かった。実はネットで知り合ったボーイフレンドの実家が澎湖にあり、その実家の弁当屋を手伝ったりしながら過ごしているのだ。ニコラスさんとクリスさんと違い、Brieannaさんの中国語はまだまだだが、中国語の抑揚は美しいと感じている。

1970年代、「おいで、おいで、台湾大学へ。行こう、行こう、アメリカへ」という言葉が流行した。当時、アメリカ留学を目指す学生がいかに多かったかが伝わってくる言葉だ。時は流れ、今は「おいで、おいで、中国語を学ぼう」という言葉がふさわしい時代となったのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!