無私奉獻‧讓愛延續

:::

2019 / 10月

文‧陳亮君



《光華》2017年的封面故事「天使傳愛」專題報導,造成極大迴響及好評。當時我國駐教廷大使館為配合台梵建交75周年,加印了西班牙文抽印本3,000冊於建交酒會上發送,並由教廷之國務院轉呈教宗方濟各及教廷各重要樞機主教等重要人士。之後更因為天主教地區使用義大利文民眾極多,又增印了義大利文抽印本3,000冊,於歐洲及中南美洲地區分送,對於協助駐處推廣我國軟性外交,成效卓著。

今(2019)年《光華》再次規劃在台神父專題,除延續來自西方國家的神父事蹟外,更加入了出生於越南的阮文雄神父專訪,他曾被美國國務院稱為是結束現代奴隸制度的英雄,想知道阮神父來到台灣後,做了哪些事情,以及如何用平安喜樂的心,傳遞神的慈愛恩典,本期封面故事不容錯過。

*       *       *

人與自然的結合,可以是何俊賢克服地形地貌的限制,所蓋出冬暖夏涼的「度咕屋」;也可以是與當地部落文化緊密連結的「文化保種」運動;更可以是回歸山林時的那份恬靜與喜樂。隨著「國家賠償法」第6條修正草案的通過,國家除了提供適當警告和標示之外,不負任何損害賠償責任。其影響層面,則是自今年6月1日起,國家公園配合取消入山管制,農委會林務局也開放了所有林道讓民眾親近。

這對於喜愛山林,常挑戰自我的登山客來說,是一大福音。對於想擺脫煩囂喧鬧都市生活的一般大眾,也多了個去野外走走的誘因,如果暫時無法脫身……起碼,泡杯咖啡,拿起《光華》雜誌,讓「自然」流暢的圖文,幫心靈充充電,再出發。

*       *       *

此外,本期還專訪了受邀主持2018年國慶典禮的越南籍阮秋姮,讓她訴說來台的生活,以及如何打破許多人的刻板印象,活出自信的過程;還有一批政大東南亞研究中心的青年學者們,正透過國際學術平台鏈結的力量,扣敲問題的核心,希望能為東南亞文化及語言族群等跨領域的研究,找出一條活路。而科技女農在台灣的議題,也是本期的報導重點。

下期《光華》封面故事,將著重探討來自東南亞的這些「新台客」,在台灣生活的各種點滴,以及發生在這塊土地上的故事,敬請期待。

相關文章

近期文章

EN 日本語

Spreading Love Through Selfless Dedication

Ivan Chen /tr. by Phil Newell


A 2017 Taiwan Panorama cover story entitled “Bringing Love Across the Seas: Foreign Missionaries in Taiwan” elicited a huge response. That year was the 75th anniversary of the establishment of diplomatic relations between the ROC and the Vatican, and to mark the occasion 6000 offprints of our cover feature were produced in Spanish and Italian. The ROC embassy to the Holy See distrib­uted copies at the celebratory cocktail party for the anniversary, while the Vatican’s Secretariat of State sent copies to Pope Francis and cardinals of the Catholic church. Copies were also distrib­uted to ROC representative offices in Europe and Latin America, where they proved very effective in helping to promote Taiwan’s soft power.

This year we are again offering special reports on Catholic missionaries in Taiwan. Besides further stories on priests from the West, we include a report on Vietnamese-born Father Peter Nguyen Van Hung, who has been called a hero in the fight against modern slavery by the US Department of State. If you want to know what Father Nguyen has been doing in Taiwan, and how he is spreading God’s love with a peaceful and joyous heart, don’t miss this month’s cover story.

Examples of humans uniting with nature can be seen in “DoGoodHouse,” built by Hoch Ho in harmony with the local terrain; in a seed conservation movement closely tied to indigenous cultures; and in the joy and tranquility of visiting mountain forests. A proposed amendment to the State Compensation Law means that beyond providing appropriate warnings and signage, the govern­ment will no longer be liable to compensate the public for injuries suffered on state-owned land. One result of this change is that national parks can remove restrictions on entry into mountain areas, and the Forestry Bureau plans to open all forestry roads to visitors. This is great news for adventurous hikers who love our mountains and forests.

This month we also interview Nguyen Thu Hang, one of the hosts of the 2018 National Day celebrations, who tells us about her life in Taiwan and how she has shattered stereotypes and found confidence in life. We report on young scholars at National Chengchi University’s Center for Southeast Asian Studies, who are working through international academic platforms to find new pathways for inter­disciplin­ary research into cultural and linguistic communities in Southeast Asia. And we meet some pioneering women who are making their way in farming with the help of smart technology and innovative approaches.

Looking ahead to next month, our cover story will focus on the “New Taiwanese” from Southeast Asia and the lives they are building here. We hope you will enjoy it!

無私の奉仕で広がる愛

文・陳亮君 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜


『光華』2017年のカバーストーリー「国境を越える外国人宣教師の愛と思いやり」は広くご好評をいただいた。ちょうど台湾-バチカン国交樹立75周年に当たったため、我が国の駐バチカン大使館はこの特集のスペイン語・イタリア語版各3000部を増刷して75周年記念パーティで配布し、またバチカン教皇庁国務省を通してローマ教皇フランシスコおよび各枢機卿にも贈呈した。さらに欧州や中南米各地にも送り、我が国のソフト外交に大きく貢献することができたのである。

今年(2019年)も『光華』は台湾で黙々と奉仕する神父を特集することとなり、今回は西洋出身の神父の他、ベトナム出身の阮文雄神父にもお話をうかがった。阮神父はアメリカ国務省から「現代の奴隷制度を終結させる英雄」と称えられている。阮神父が台湾でどのように神の愛を伝え広めているのか、ぜひお読みいただきたい。

*            *            *

今月号には人間と自然との融合を考える記事も少なくない。何俊賢は地形の限界を克服し、夏は涼しく冬は暖かい「度‮)‬B屋」を建てた。先住民集落と緊密に結びついた「文化と種子の保存運動」もある。また、静かで喜びに満ちた山林への回帰も考えたい。「国家賠償法」第6条の改正が採択されたことで、山林が開放された。海や山でリスクある活動をする際、行政は適切な警告や標示を行なうが、それ以外の賠償責任は負わないこととなったのである。これにより、今年6月1日から国立公園は入山規制を廃止し、農業委員会林務局は所管の林道を開放した。

この政策は、山を愛し、自らの限界に挑戦する登山者には大きな福音である。都会の喧騒を離れたいと思う人々にとっても、アウトドアに親しむ誘因となるだろう。そうではないとしても、一杯のコーヒーを淹れ、『光華』を開いて流れるような文章と写真を通して充電していただきたい。

*            *            *

このほかに、今月号では2018年の国慶節祝賀式典の司会を務めたベトナム出身の阮秋خdをご紹介する。台湾に来てからの暮らしや、いかにしてステレオタイプのイメージを打破して自信を持つに至ったかをうかがった。政治大学東南アジア研究センターでは、世界各国との学術交流プラットフォームを通して、東南アジアの文化、言語、エスニックなどの学際研究の輪を広げている。また、テクノロジーを取り入れる女性農家の物語もぜひお読みいただきたい。

来月号の『光華』は、東南アジア各国出身の「新台湾人」を重要なテーマとし、それぞれの台湾での出来事や暮らしをご紹介する。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!